2022年04月12日

さいわい

(ゆめ工房だより より転載)


 先月プラネタリウムに「銀河鉄道の夜」を観に行ってきました。
こちらはデジタルペインティングの先駆者KAGAYA氏が全編CGで描いたプラネタリウム用の作品です。
宮澤賢治の名作を大胆に再構築した脚本と3年の歳月をかけて作り込まれた精緻な映像が観る者を圧倒します。
観客は時に鳥になり、時に乗客の視点で夜の銀河を旅します。
2006年の初上映以来、国内130ヶ所以上で上映され、観客動員数も100万人を超える大ヒットとなりました。
私も初見の時はその流れるような映像美に心を鷲掴みにされました。
今回、観客は運よく私たちだけでしたので、ドーム型の天井に映し出される透明感溢れる映像と清らかな音楽に身を任せ、
作品世界を堪能しました。

さて、原作の「銀河鉄道の夜」には印象的な一文があります。 

「誰だって、ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸(さいわい)なんだねえ」
「けれどもほんとうのさいわいは一体何だろう」。 

今世界では、「さいわい」からは程遠い事態が起きています。
2月、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まりました。
北京冬季オリンピックが終わり、パラリンピックを一週間後に控えたタイミングでの愚行でした。
元々パラリンピックは、第二次大戦で障害を負った兵士の、リハビリを目的とした競技大会から発展したものだそうです。
人が障害を負う最大の要因は戦争です。平和の祭典期間中に他国へ侵攻するなど、悪夢としか言えません。
人口4575万人のウクライナには、270万人の障害のある方々が暮らしているそうです。そしてその数は増え続けるでしょう。
 戦争は「一方の正義」の名の下に始まることが常ですが、それにより「さいわい」を感じる人はいません。
ジョバンニと共に銀河列車に乗りこんだカンパネルラは、級友を助けるために川に飛び込みます。
そして命を落とした後も、それがいいことで、さいわいだったのかと自問します。

今ウクライナでは、ロシアによる理不尽な破壊行為が国土を焦がし人々の尊厳を踏みにじっています。
自分の家族を守るために相手国の兵士を殺めなければならない矛盾に直面している人々もいるでしょう。

この便りが発行される頃には、情勢も変化し、ある種の決着がついているかもしれません。
その結果がウクライナの人々にとってどういう意味を持つのかは分かりません。
それでもあの国の子どもたちの未来のために、一日も早い軍事侵攻の停止を願います。
そしてウクライナの人々に心安らかな日々が戻ることを祈っています。
 
2022年度、ゆめ工房は利用者さん24名、職員9名でスタートをします。 
今年度もよろしくお願い致します。
                                    施設長 佐々木 志穂
posted by machidayumekoubou at 17:58| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月21日

休業のお知らせ

 2月20日、町田ゆめ工房で新型コロナウィルスの陽性者が1名出ました。

これにより、ゆめ工房は2月25日(金)まで休業致します。

今後の再開については、改めてご報告致します。

posted by machidayumekoubou at 16:36| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月01日

嬉しい電話

 昨晩から大雨でした。今も少しだけ雨が残っています。

今朝はラジオから、「神田川」が流れていました。
今日から12月。
早いものですね。

 さて、昨日嬉しいお電話をいただきました。
7月に見学にいらした方からです。
ボランティアを始めたいということで
今週いらっしゃいます。
 7月にいらしたときのことをよく覚えておられ、
「帰りの会」に飛び入り参加をし、
一緒にお茶を飲んだことなどを語ってくださいました。

ご縁というのは不思議なものです。

コロナ渦であっても出会いがあることに感謝です。
posted by machidayumekoubou at 08:14| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月08日

ニヤリ・ホット

 何かと話題にこと欠かなかった東京2020オリンピックが、
すったもんだの末、閉幕しました。
やれ、史上最多のメダル獲得だの、阿部兄妹の同日金メダル獲得だの、
女子ソフトボールの13年ぶり連覇などありましたが、
わたくしとしては、柔道男子100s級のウルフ・アロン選手の
記者会見での自己紹介で「タカアンドトシ」の「タカに似てるって
言われます」みたいな発言に笑いました。
皆さんは何か心に残りましたか?

 そんなわけで今回は「ニヤリ・ホット」です。
ハインリッヒの法則「ヒヤリ・ハット」はインシデントに関する事柄ですが、
日常の思わず「ニヤリ」だったり、心がポカポカする
「ホット」な場面を指します。



 ある日の掃除時間中
〇〇さんがコードレスクリーナーで床面を掃除中です。
何かいつもと音が違います。
近づいて見てみると吸入口が、天井を向いているではありませんか。
「〇〇さん、それじゃあゴミは吸い取れないよ」
吸入口を床面に向け再スタート。
吸わない掃除機を懸命に前後に動かす姿がユーモラスでもあり、
健気です。思わず「にやり」。


 送迎車内での利用者さん同士の会話
△△さん:「あー、あれだよ、あれ。中丸君がやってんじゃん。ボイスレコーダー」
職員M:(いやいや記録じゃないし・・・)(心のつぶやき)
 こともあろうか
□□さん:「うん、そうだよね」
職員M:(ちょ、待てよ)(キムタク主演ドラマのワンシーンがプレイバック あくまでも心のつぶやき)
 
 この会話が何がきっかけで始まり、どう終焉したのか全く覚えていませんが、
一連のやりとりだけは昨日のことのように思い出されます。
運転中ですので、後ろをふりかえることもかなわず、ツッコミも入れられず、
ハンドルを握りながら一人悶々としておりました。

 わたくしと言えば、(うーん、でもまぁ、実害ないしホットくか)ということで
スルーを決め込みました。
以上「ホット」するエピソードでした。
ありゃ、「ホット」違いでしたね。あしからず。
                                       職員M
   
posted by machidayumekoubou at 15:44| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月26日

今日のお客さま

 今朝、地域にお住いのМさんからお電話がありました。
暑くなる前にいらっしゃるとのこと。
コロナでおよそ1年半ぶりのお越しです。

Mさんはゆめ工房ができて間もない頃からのボランティアさんです。
かれこれ30年近いお付き合いになります。

電話を切って30分ほどでMさんがいらっしゃいました。
日傘に帽子にリュックサックといういでたちです。

なんと御年80歳!
すっと背筋が伸び、お声にも張りがあったため、
実際の年齢よりもずっと若く見えました。

今日はわざわざごみ処理券と有料ごみ袋とリキュールケーキを
購入してくださいました。

コロナの自粛期間をどのように過ごされていたのかをお聞きしたところ、
日頃できない写真の整理などを行っていたとのこと。

また、趣味のサークル活動が軒並み中止になり、出歩くことは少なかったそうですが、
毎日のルーティンをこなすことで気分の落ち込みを防いでいたそうです。


特に印象的だったのは、毎朝トイレに設置した三面鏡に向かって
立ち姿をチェックし、鏡に向かって笑顔を作っていたという話です。
そして鏡の中の自分を奮い立たせる言葉を自分にプレゼントしているそうです。


そのほかのも80歳になったとき、自分が今できることを紙に書き出してみたそうです。

ほんの些細なことであっても、これもできる、あれもできると書き出していくことで、
自信につながったそうです。

Mさんのゆめ工房での滞在時間は30分ほどでしたが、毎日続けている健康体操の話もお聞きでき、
色々と勉強になりました。

やはり年齢を上手に重ねるコツは、自分を肯定すること、何にでも好奇心を持つことなのかもしれません。

Mさん、お暑い中、会いに来てくださり、ありがとうございました。
posted by machidayumekoubou at 19:56| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする