2020年03月11日

応援団

 今週はサプライズゲストの来訪がありました。
火曜日、初来訪の男性。1月の成瀬体育館での販売(ボッチャ大会)で
ご購入いただいた方です。「萌木のゆめ(梅のリキュールケーキ)」を
購入したら美味しかったからと、再びご購入。
なんでも、コロナで家にいる時間ができたからとのこと。
わざわざ成瀬からお車でのお越しです🚙💨。
せっかくなので、館内をご案内しました。
施設見学は初めてとのこと。
帰りの会にもお誘いし、みんなと一緒にお茶を召し上がっていただきました。
昨日はリキュールケーキだけでなく、木の雑貨もお買い上げいただきました。
ありがとうございました✨。ご縁に感謝です。

そして本日、元利用者ツヨシさんのお連れ合い、ユメノさんが突然のご来訪‼されました。
ゆめ工房まつりがなくなっちゃったからね、と娘さんの車でいらっしゃいました。
ちょうど、今日は写真の整理をしていてツヨシさんの写真を目にしていたところでした。
偶然とはいえ、これもご縁でしょうか・・・。

今日はもう一組来訪者がありました。
町田で和菓子屋さんを営むSさんと、相原でお世話になっているAさんのお二人です。
Sさんも、ゆめ工房まつりが中止になったからと、わざわざ訪ねてきてくださいました。
そして、ご家族のために布ぞうりを1足、購入されました。

先月から今月にかけて、コロナウィルスの影響で予定をしていた販売がほぼ中止になりました。
致し方ないとはいえ、どこで売り上げを伸ばそうかと頭を抱えていたところでした。

今週の月曜日は嬉しいお電話もいただきました。
「乾燥こんにゃく」の注文です。
みなさんのご厚意を励みに、今は粛々と商品を作る時期なのかもしれません。


posted by machidayumekoubou at 22:58| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祈り

 今夜の月は神々しく輝いていますね。
今日は東日本大震災から9年となる日でした。
昨日、町田市の防災無線から東京大空襲で亡くなった方々を悼む
黙とうの呼びかけがありました。作業の手をとめて、みんなで
祈りを捧げました。
今日は早めに作業を切り上げ、掃除も先に済ませてアナウンスを
待ちました。2時46分頃に町田市からの無線が入りました。
わずか1分という短い時間でしたが、加湿器やサーキュレーターの
電源も切ったので、しばし音のない静寂が訪れました。
 
 町田市は終戦記念日にも市内全域にアナウンスが流れます。
とても意味のある取り組みだと思います。
利用者さんも感じるものがあるのでしょうか?
意味を理解していない方でも、祈りの時間を共に共有しています。




posted by machidayumekoubou at 22:22| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

カツオ?わかめ?

 ゆめ工房では日々、面白いことが起きて、職員を笑わせてくれます。
先日も、ヨーさんが朝来るなり「Uさん!(職員の名前)、カツオが、今度こそ!!」と何やら
力んだ口調で必死に何かを訴えてきました。
「カツオ?魚かな?」と首をかしげる職員T。
「ああ、ワカメね!!ヨーさん、カツオじゃなくて、ワカメだよ!」と職員Uは笑って答えます。
まだ状況が飲み込めないTにUが説明します。
その前の週に、注文販売のワカメが届き、注文者に配ったのですが、それを見ていたヨーさんが
自分にワカメが入っていなかったことをアピールしていたのです。
あいにくヨーさんのお母さんがワカメを注文しなかったため、ワカメをもらえなかったヨーさん。
週が明けて次回こそは自分もワカメが欲しいと訴えていたようです。
それにしても、ワカメがカツオになるとは、恐るべしサザエさんの魔力?魅力?
笑いをこらえるのに必死なTとUでした。

posted by machidayumekoubou at 21:24| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「正しく恐れる」誤情報に振り回されないために

 先週は、コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、「ゆめ工房まつり」を中止にしました。
ちょうどいいタイミングで、先週の木曜日に嘱託医である「キッズクリニック智」の渡辺先生による内部研修会を
開きました。テーマが別にあったのですが、後半はコロナウィルスについて先生にあれこれ質問をしました。
あくまでも先生の見解ですが、職員の不安がいくらか軽減されました。
どんな情報に触れるかで「コロナウィルスに対する印象がこれだけ短期間で変わる」というのが驚きでした。

 そこで、みなさんにサイトのご紹介です。
「FIJ」ファクトチェック・イニシアティブというサイトです。FIJ は日本でファクトチェックの普及活動を行う非営利団体です。
誤情報や真偽不明の情報が拡散し、社会的分断への懸念が高まる中で、ファクトチェックをジャーナリズムの重要な役割の一つと位置づけ、社会に誤った情報が拡がるのを防ぐ仕組みを作っていこうと、2017年6月、ジャーナリストや専門家10人の呼びかけで発足したそうです。
なお、理事さんも、幹事さんも無報酬だそうです。

https://fij.info


ご存知でしたか?
私も朝の情報番組で知ったのですが、情報の海で溺れないための浮き輪として、ぜひご活用ください。


なお、サイトの中に誤情報から身を守るための心構えが掲載されていたので、抜粋してご紹介します。


【 急告 】新型コロナのデマ・ウィルスには「ソ・ウ・カ・ナ」が効く! 2020年2月2日 下村健一氏より
 

 世界に広がりつつある新型コロナ・ウィルスと、それに関する怪しい情報=“デマ・ウィルス”。
どちらもヒト・ヒト感染が同時拡大しているが、感染力はデマ・ウィルスの方がはるかに協力だ。

「私は大丈夫だろう」と思っている、そこのあなた! 本物のウィルスもデマ・ウィルスも、無自覚な保菌者による
バラマキが一番迷惑なんだから、ここはきっちり社会の一員として、防衛に参加しなければ! −−−って、でもどうやって?

本物のウィルスも情報のウィルスも、対処法は同じだ。かかった後なら、治療する。かかる前なら、予防する。

デマへの ≪治療≫法は、解熱剤を打つように、正しい情報を上書きすること。今まさに、ファクトチェック
という対症療法の薬が、各国で懸命に投与されている。デマが広まるたびに「本当はこうです」という根拠つきの情報で
火消する、大切だが果てしないモグラ叩きだ。

では、これからデマに接しても感染しない、≪予防≫法は? ただ「気をつけて」と言われてもどうすれば良いのかわからないが、
実は、かなりよく効く“4つの呪文”ワクチンがある。今回実際に出現しているデマ・ウィルスのパターンを例に、見ていこう。

【呪文1】「まだわからないよね?」・・・・・【ソ】ク断するな 結論をソク断するな  ホントかウソか見分けがつかない情報は、とりあえず保留する。

【呪文2】「報告かな、意見・印象かな?」・・・・・【ウ】呑みするな  ゴッチャにして ウのみするな 情報には、≪報告≫と、それを
伝えている人の≪意見・印象≫とがゴッチャになっていることが多い。そのままウ呑みにせず、ちゃんとこの2種類を仕分けよう。

【呪文3】「他の見え方もないかな?」・・・・【カ】タよるな  一つの見方にカタよるな  1つの情報源から聞いただけで、話を決めつけないこと。

【呪文4】「隠れてるものはないかな?」・・・・【ナ】カだけ見るな  別に悪意のデマや隠ぺいでなくても、情報というのは元々、全て
“スポットライト”だ。そこには必ず、“周りの暗がり”がセットで存在する。だから、照らし出されたスポットライトの中だけ見て「これが全てだ」と思い詰めず、周囲にまで想像の窓を広げよう。

というわけで、これからデマ・ウィルスに感染したくなかったら、不確かな情報に出会うたび、以上4つの呪文ワクチンをつぶやいて「ソ・ウ・カ・ナ」(ソク断・ウ呑み・カタ寄り・ナカだけ)の自戒をしっかり励行しよう。他力本願で、いちいちファクトチェックの対症療法薬に頼ってばかりいないで、まずは自分の体質改善だ。



posted by machidayumekoubou at 21:13| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベント中止告知に追われて

 先週の火曜日に「第28回 ゆめ工房まつり」の開催中止を決めてから、あっという間の一週間でした。
先週は三者面談の時期で、連日面談が入っており、面談をこなしながら中止の文章を考えたり、中止のチラシを
印刷したりで慌ただしい一週間でした。送迎の帰りにポスターを掲示していただいていた店舗などを回り、
中止ポスターを再度貼らせてもらいました。
お会いした中には、「開催するのかどうするのかを連絡しようと思っていた」とおっしゃる方が何人かいらっしゃりました。
ちょうど、国の指針が出た週でしたが、最終判断は主催者に任せるというもので、なんとも心もとない通達でした。
それでも、ゆめ工房まつりにいらっしゃるお客様や当日のボランティアの方々の年齢を考えると、中止が妥当だったと思います。
 先ほどテレビで相模原駅の駅員さんが感染したとのニュースが流れていました。
明日のゆめ工房での話題は「横浜線に乗って通勤している利用者や職員の感染をどう防ぐか」になりそうです。

posted by machidayumekoubou at 20:13| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする