2015年12月22日

クリスマスソング?

 今日は今年最後の長池公園納品でした。
その帰りの車内でのできごと。
真っ赤なコートを羽織ったタエさんに、
「ねぇ、クリスマスのうた、歌って」と促してみました。
いつもカラオケで「茶摘み」などの童謡を歌っている彼女。
すぐに口から出たメロディは、
「♬ありの〜ままの〜 姿見せるのよ〜🎶」
おお〜っ!!“アナ雪”ではありませんか。
(そうきたか)と思いつつ、たたみかけます。
「ねぇ、違うクリスマスのうた、歌って」
ちょっと考えたタエさんの口から出たのは、
「♪ありの〜ままの〜🎶」
相変わらず“アナ雪”です。
何度促してもエンドレスにワンフレーズを繰り返しています。
よほど印象に残っているのですね。
恐るべし、“アナ雪”。
posted by machidayumekoubou at 22:12| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

「可愛いよ」

 ヒロシさんは、ほめ上手です。
何かをしてもらうと「ありがとう」。
ひとしきり笑った後に「可愛い」。
そんな言葉が自然にこぼれます。
 
 その日、布ぞうりの花緒の編み方を
キイさんからヒロシさんに教えてくれていました。
膝の間に花緒の端をはさみ、
両手を使って2本の筒状の布を1本にまとめていきます。
単純な手の動きながら、これが難しい。
ヒロシさんの横で「こう、こう」
と実際に編んで見せるキイさん。
根気よく何度も手本を見せます。
イライラしてくると舌打ちや
トイレの回数が多くなるヒロシさんですが、
今回は戸惑いながらも途中で投げ出しません。
「キイちゃん、上手」とヒロシさん。
「そんなことないよ!(ボランティアの)Оさんの方が
 もっと上手だよ!!」と全否定しながらも、
さらに一生懸命、見本を見せるキイさん。
「ねえヒロシさん、キイちゃんおでこ上げた方が
可愛いよね?前髪が目の上にかぶさってて
暗い印象を受けるから」と、
日頃から気になっていたことをふってみました。
「そーだよ、おでこ出した方がいいよ」
と手を動かしながら応じるヒロシさん。
そして顔を上げ作業の手を止めると一言、
キイちゃんをまっすぐ見て言いました。
「おでこ出した方が可愛いよ」
 恥ずかしいのかうつむいてしまったキイさん。
「キイちゃん、素材がいいんだから前髪あげなよ。
絶対顔が明るくなるよ。もったいないよ」
こちらもチャンスとばかりにたたみかけます。
「でも・・、うまくいかないのよねっ!」
キイさんの心が揺れているのが分かります。
「ヒロシさん、キイちゃんきれいな顔してるよね?」
「うん、もったいない」
ヒロシさんの口調は不思議です。
上から目線でなく、押しつけがましくもなく、
サラリと思ったことを口にします。
「でも・・・」
いつも自分に厳しい評価のキイさんが
ヒロシさんとのやりとりの中で
少しずつ変わっていくのがわかります。
「キイちゃん可愛いよねぇ?」
「うん、可愛い。」

 ヒロシさんの言葉のマジックに、
いろいろなことを教えられます。
相手を認めること。それを言葉で伝えること。
相手の目を見て気持ちを伝えること。

 さて、その翌週のこと。
すれ違ったキイさんはいつもと違う雰囲気です。
2度見をして分かりました。
おでこがのぞいています。
ピンで無造作に留めているので
毛先がピンピン遊んでいますが、
それもお愛嬌です。

キイさんの白いおでこを見てふと思いました。
前髪は「心のカーテン」だったんですね。

キイさんのおでこ見たヒロシさんの反応が楽しみです。




 








posted by machidayumekoubou at 08:35| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 昨日は東京も24度まで気温が上昇したそうですね。
ゆめ工房も部屋の中よりも屋外の方が暖かいという
おかしな一日でした。
 さて、郵便局納品の帰りの車中でのできごとです。
タラさんが窓の外を見ながらつぶやきました。
「あ、にじ。」
 それはほんの一瞬のことで、聞き逃してしまうほどの
小さな声でした。
先ほどまで誰かの口真似をしたり、
手のひらをパタパタと合わせながら
身体を揺らしていたタラさん。
ひとりごとの続きのような声の温度で発した一言に
何気なく空を見上げました。
するとそこには大きな虹が・・・。
それは薄い色の連なりでしたが、
太くて短い色の帯が、
住宅に間からのぞいていたのです。
「タラさん、ほんとだね!きれいだね〜!!」
歓声を上げタラさんを見ると、
気持ちよさそうな顔つきで自分の世界に戻っています。
「♪ 虹が虹が〜 空にかかって 君の君の 気分も晴れて〜♬ 」
試しに虹の歌ってみました。
タラさんがわずかに口ずさんでいます。
あぁ、本当にタラさんは、虹を発見してくれたんだと思うと、
嬉しくなりました。
今年もあと2週間。
施設の改修工事もあり、気ぜわしかった一年でしたが、
こんな日々のやりとりに職員はエナジーチャージをしています。
posted by machidayumekoubou at 07:44| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

高次脳機能障がいのイベントに参加します。

 来年の1月に「高次脳機能障がいでつながる医療と福祉 in町田」
というイベントで実践報告をします。
ゆめ工房には高次脳機能障害と診断を受けた方が3名いらっしゃいます。
日々の関わりの中で医療的リハビリと社会的リハビリをどうリンクさせていくか
など、考えること悩むことがいろいろあります。
関心のあるかたは、ぜひご参加ください。

日 時 2016年1月15日(金)19:00〜21:00
場 所 町田市文化交流センター プラザ町田ビル5階 けやき
    町田市原町田4−1−15
主 催 南多摩高次機能障害支援センター
内 容 実践報告
   「就労支援機関における高次脳機能障がいのある方への支援の現状と課題」
    報告者:社会福祉法人ウィズ町田「なないろ」所長

   「協力事例の実践報告」
    多摩丘陵病院、町田ゆめ工房

    パネルディスカッション
    
参加費 無料
対 象 高次脳機能障がいを支援する医療・福祉・行政機関職員および関心のある方

posted by machidayumekoubou at 18:16| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふるさと納税返礼品

 「ふるさと納税」ご存知ですか?
ゆめ工房のある町田市も今月から「ふるさと納税」を始めました。
そしてその「返礼品」の一つに、
ゆめ工房の「梅のリキュールケーキ」が選ばれました!
全部で13種類のセットがあるのですが、
商品番号12:町田「梅」セットとして、
ワーカーズコレクティブ凡さんの「うめシロップ」や「うめジャム」
と共に「梅のリキュールケーキ」が
町田市の特産品になっています。

その他の気になる返礼品は、
商品番号7 町田リス園ご招待セット
商品番号8 FC町田ゼルビア応援セットなど
ローカル色あふれる内容です。

ゆめ工房の焼き菓子に使用している卵の仕入れ先、
「カトウファーム」さんも返礼品に選ばれていました。
商品番号6 かとうさんのぷりんセット

 そして本日、さっそく3件のお申し込みをいただきました。
「梅のリキュールケーキ」を通して、
町田の良さをお伝えできればと思います。

posted by machidayumekoubou at 18:01| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末年始のお知らせ

 年末だからなのか、東京オリンピックに向けてなのか
理由は分かりませんが、町田街道が渋滞しています。
 さて、今日はボーナスの支給日でした。
ゆめ工房の利用者さんは一人ひとり名前を呼ばれ、
給料袋を受け取ります。
誇らしげな人、そうでもない人、様々ですが、
今年も支給できたことにホッとしています。
今週も明日でおしまいです。
12月も中旬になりましたね。
工房では年賀状の印刷や新年会の話題など、
すっかり年末モードです。
今年の仕事納めは12月25日(金)です。
例年ですと28日あたりまで開所しているのですが、
今年は改修工事もあって、みんながんばったということで、
1日早い納めとなりました。
年明けは1月6日が新年会で、仕事始めは7日からです。

posted by machidayumekoubou at 17:48| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嬉しい来訪者

 日に日に寒くなってきましたね。
ユキコさんも手がアカギレてきたそうです。
ゆめ工房の周りも霜柱が出ています。
さて、今朝、見知らぬ女性からお電話がありました。
リキュールケーキがあるかとのこと。
なんでも「町田 ブランデーケーキ」で検索したら、
ゆめ工房の「梅のリキュールケーキ」がトップにでてきたとか。
「町田ツーリストギャラリー」さんに立ち寄ってくださったそうですが、
あいにく売り切れてなかったそうで、
わざわざ相原まで足を運んでくださいました。
お出迎えにきたユミさんの強烈なアプローチ
(ハイタッチやたたみかけるように「お名前なんですか?」と質問する)に
たじろいだ様子でしたが、
ゆめ工房の焼き菓子を気に入ってくださるといいなと思います。



posted by machidayumekoubou at 17:39| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする