2016年08月20日

share the sky

share the sky
同じ空の下で
ともに暮らすまち
そして世界と
つながっている

 昨日、庭で撮った写真をフェイスブックにアップしました。
花壇の奥に立て看板を置いて、
ゆめ工房のロゴマークを遠景で撮ったものです。
「いいちこ」のポスターをイメージしました。

 7月26日に起きた津久井やまゆり園の事件から3週間が過ぎました。
この間、リオ五輪が開催され、
1か月も経っていないあの凄惨な事件がずいぶん前に起きたことの
ように錯覚します。
この3週間、ゆめ工房の職員として何ができるのか、
考え続けています。

事件の前週の職員会議では折しも、
ナチスドイツが優生思想基づき行った「T4計画」
障害者の大量虐殺について触れたところでした。
事件2日後の職員会議では、容疑者が衆議院議長に宛てた
手紙を基に、いったい何が起きたのか、
今一人一人が思うことを話し合いました。

 また東京都や市からも施設の防犯に関する通達があり、
先週は防犯状況調査書の提出も行いました。
そして市の担当部署からのすすめもあり、
地元の警察署に防犯講習の依頼もしました。

 ハード面を一つ一つこなしながら、
ずっと頭から離れない言葉がありました。
先の手紙の中で容疑者が記した
「障害者は不幸を作ることしかできない」
という一節です。
それは違うだろう、という強い憤りを感じました。
容疑者が施設の元職員の言葉であることがなお、
心を震わせます。
あなたはやまゆり園で一体何を見てきたんだ、
何を感じてきたんだ、という思いです。
あの一文を読んだ時の生理的、感覚的な嫌悪感を
どう言葉にすればいいのか、
自分の思考力の拙さを思い知らされます。
それでも施設として沈黙をしていていいのか、
今何か発信しなくて、いつ発信するのか、
そんな思いを他の職員にぶつけました。
当初は他のグループが始めたキャンペーンに
賛同し歩調を合わせたらどうかと提案しました。
10人に満たないゆめ工房の職員集団でも
様々な意見が出てきました。

誰に向けて発信するのか?

発信の効果とリスクは?

声高に何かを発信するのではなく、
そっとしておいてほしいという遺族の思いに
寄り添っていたい。

事件に直接触れるのではなく、
利用者さんの笑顔の写真をたくさんアップしていくことが
メッセージになるのではないか。

既定のメッセージを掲げて写真を撮るのは違和感がある。

沈黙は容疑者の思想を容認したことになるのではないか?
利用者や家族、地域や支援者に向けて
自分たちのスタンスを示すことが必要なのではないか。

文章では自分の思いを正確に伝えることができない。

バッシングが起こった時にどうするのか?

写真は永久に残ってしまうのでリスクがたかいのではないか?

 自分たちの思いを出し合うことで一つの結論に達しました。
何を発信しても賛否が起きるなら、
不正をしたわけではない私たちは堂々としていよう。
堂々と自分たちの思いを、自分たちの言葉で発信しよう。

 こうして昨日フェイスブックにアップさしたのが、
ゆめ工房のロゴマークとゆめ工房の理念です。

share the sky
おなじ空の下で
ともに暮らすまち
そして世界と
つながっている
















posted by machidayumekoubou at 09:37| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

夏休みが明けました。

 8月11日から16日まで夏休みでした。
今日から通常に戻ります。
休み明け早々、堺市民センターまつりの販売に出かけています。
台風一過の青空のもと、気温はぐんぐん上がっています。

 さて、7月29日に開催したレクレーションのリポートを掲載します。
今回もユーゴさんが原稿を書いてくれました。

 7月29日(金)に多摩丘陵病院のPT(理学療法士)の人がゆめ工房に来て、
良い姿勢の座り方と、その姿勢で出来る体操を教えてもらいました。
座っている時間が長いので、悪い姿勢だと体にも良くないとも
教えてもらいました。
教えてもらっていて、みんな興味深く見たり、聞いていました。
今日教えてもらったことは、通院中に聞いていたので
よい復習になりました。

 ※ 前回好評だった出張講習会に利用者さん、親御さん、職員が参加しました。
   普段の生活では動きも限られているのか、やってみると腕が上がらなかったり、
   足が伸ばせなかったり、仰向けに寝ると背中が浮いてしまったりと、
   意外な部位が硬いことが判明しました。
   PTのNさんいわく、「悪い姿勢」というのは、
   長時間同じ姿勢を続けることを言い、身体の負担になるということでした。
   「正しい姿勢」を覚えるまでには至りませんでしたが、
   自分の身体と向き合えた90分間でした。
   

posted by machidayumekoubou at 14:25| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

木工教室

 ヨーゴさんによる「木工教室リポート」です。

 7月28日(木)に木工教室を行いました。
対象は学童です。
目的はキーホルダーを作ることです。
人気の形は「イルカ」と「Tシャツ」です。
他にも「マンボウ」「ウサギ」「クマ」「魚」
「ネコ」「犬」などがあります。
その中から好きなものを選び
やすりをかけ、金具をつけてもらい
色をつけて完成です。
受け取った人はバッグにつけるなどしてうれしそうでした。
自分が考えて色をぬったりしたから、
この世に1つだけのデザイン、色づかいのものが
できあがりました。
この教室をして、どこがやすりをかけにくいか再確認できました。
教室に来てくれた子だけじゃなく、工房の人にとっても
良い経験でした。
posted by machidayumekoubou at 14:19| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

大地沢まつりに出店します。

 今日は明け方から雷が轟いていましたね。
以前のゆめ工房なら、ギャラリーが浸水していましたが、
昨年の改修工事のおかげで、水がしみ込んでくることはなくなりました。
 さて、今月は「大地沢夏まつり」に出店します。
今年は27日(土曜日)の開催です。
大地沢は相原の中でもマイナスイオンが飛び交う(?)避暑地です。
ファミリー向けの企画が多いのですが、
森林浴に来られる方や山歩きの帰りに立ち寄られる年配者もおられます。
当日は川上村の朝採り新鮮野菜も販売されます(毎年好評!)。
ぜひ、遊びにいらしてください。

日 時  2016年8月27日(土)
     午前10時〜午後3時
場 所  大地沢青少年センター(町田市相原町5307−2)
主 催  大地沢夏まつり実行委員会
問合せ  042-782-3800
ワークショップ コースター作り、竹とんぼ・竹箸作り、
体 験  金魚・どじょうすくい、冒険コーナー
     大地沢自然観察会、スーパーボールつり
フード  焼き鳥、焼きそば、イカ焼き、たこ焼き、焼きモロコシ、フランクフルト、
     総菜パン、ポップコーン
スイーツ かき氷、焼き菓子(ゆめ工房です)、糸引きあめ
ドリンク アイスコーヒー、ペットボトル(ゆめ工房も販売します)
名産品  川上村の朝採り新鮮野菜(レタス・サニーレタス・キャベツなど)
雑 貨  木炭、竹炭、フリーマーケット
無料提供 大地沢汁(バーベキュー場でふるまわれる、けんちん汁。大鍋が圧巻です。)
無料開放 大地沢檜風呂(タオル持参でご利用ください。)
舞 台  和太鼓演奏、お囃子、ジャンベ民族演舞など

もりだくさんの内容です。
一日のんびりできますよ。
夏の思い出に、いかがですか?




    


posted by machidayumekoubou at 16:01| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする