2017年05月10日

私たちが行動するべきこと

 「津久井やまゆり園」のニュースを知った時は
まだ専門学校生という立場で、とても衝撃的な事件でした。
施設側として複数台の監視カメラや職員会議など、
対策を練っていたにも関わらずの事件。
しかし、起こってしまいたくさんの命や平穏を奪われたことは
事実として変えられません。
事件によって、施設の管理体制を見直されたところは多いと思います。
ですが、現代社会は地域交流を推奨し、閉鎖的にならず
地域に溶け込む施設を求めています。
では、施設としてどのようにして利用者の方々、私たち職員の
身を護ることができるのか・・・とても難しい課題と感じます。
監視カメラを付けて解決することではなく、施設に門や柵を
造ることで閉鎖的になるのではなく、ただ闇雲に交流を持つ
ばかりではなく、ひとつひとつの地域・自治会・消防団・警察・
地域の交番・役所・学校としっかりとしたパイプと情報伝達、
〈つながり〉を持つことがまず重要なのではないかと思います。
そして、その〈つながり〉を人が変わったとしてもゆめ工房という
施設が地域にあることを認識して頂くための情報発信を意識し、
私たち職員は行動していくべきだと考えます。  職員MY
posted by machidayumekoubou at 14:47| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑顔から深まる関係

 「笑顔」があふれる場所。
毎日施設のどこかで、利用者さんと職員の笑い声が聞こえてくる・・・。
これはゆめ工房が歩んできた想いが重なり形となった証であり、
“ゆめ工房らしさ”になると思います。
単調な生活では「笑顔」が自然とは出てきません。
それは、朝の挨拶「おはようございます」から
仕事後の「お疲れ様でした」、「ありがとうございます」
「すみません」など簡単なことではありますが、相手を思いやる気持ちがあり、
言葉を交わすことで信頼関係が深まると私は考えます。
私はまだまだ利用者さんとの一つ一つ細かな糸を紡ぎながら、
関係を作っている真っ最中です。
日々利用者さんの環境の一つに溶け込めるよう、ゆめ工房の「笑顔」を
大切にしていきたいと思います。

A good heartly laugh would help more than ten Valerian pills.
薬を10錠飲むよりも、心から笑う方が良い。   (アンネの日記)


ただニッコリと微笑むことがどれだけ多くの素晴らしいことにつながっていくのか
微笑みの持つ、とてつもなく大きな力の全てを私たちは決して知ることはないだろう。
                        (マザー・テレサ)
                               職員MY
posted by machidayumekoubou at 14:35| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする