2018年04月04日

自慢の花壇

 ゆめ工房の庭では、畑や花壇のお花が生き生きと育っています。
冬の厚い雪に埋もれ、一時はもうだめかな・・と真っ白な庭の景色を
見ながら肩を落としていました。
4月に入りあったかくなってくると元気にぐんぐんとお花や葉っぱたちが
顔を出してくれました。いままで、、水まきをボランティアさんや職員で
行っていたのを今年度から利用者さんの朝の仕事として取り組みを始めました。
朝の呼びかけの一番に手を挙げたのが4月に入ったばかりの利用者さん。
職員と共に庭へ行き、「おっっはなっ♪」とリズムをとりながらお水を
あげていました。これからはもっとたくさんの利用者さんと花の成長を
みて楽しんでいきたいです。             職員MY


posted by machidayumekoubou at 08:18| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無題

 「津久井やまゆり園事件」と題された凄惨な事件。
人の内にある普段は表出されないもの。
それがあるうえで、いかにして犯罪を防ぐことができるのだろうか。
いくつもの問題が浮かび上がり、時間も過ぎていく・・・。
 町田市にある作業所の面々が集う学習会にて、
この件について意見を言う機会が設けられ、
ゆめ工房からも利用者さんが参加しました。
同行した職員の話によると、自身の考えを持って明確に弁をふるったそうです。
これも普段は表出されない部分なのですね。
 事件を風化させないために、声に出した方が良い・・・。
当時の気持ちを思い出したくなく、声には出さない・・・。
テレビや周囲の声を聞くと、前者が多いように思いますが、
私個人としては少数かもしれませんが、後者の気持ちを汲んだ上で
発言としてもらいたいと強く感じます。
私の仕事もまた、マイノリティーですから。
                           職員K
posted by machidayumekoubou at 08:12| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする