2013年03月20日

ゆめ工房まつり無事終了しました

 東京で桜の開花宣言が出された先週の土曜日、第21回ゆめ工房まつりが開催されました。
当日は汗ばむほどの陽気で、地域の方や賛助会員さん、ボランティアさん、ミニコンサートの出演者の方々など、200名近い来場がありました。半年前から実行委員会形式で企画を練り、この日を迎えましたが、当日はてんやわんやのうちに気づいたらまつりが終了していたという印象でした。
ボランティアさんや出演者の方々だけで100名近い方々が集まってくださり、あらためて地域の皆さんに支えられたまつりであったと思います。
また今年のボラさんの中には、東京家政学院大学の学生さんや高校生、中学生もいて、例年になく華やかさを感じました。
玄関先でブルーベリーを販売してくださった木下農園さんが「このまつりはすごいね、相原のそうそうたるメンバーが出入りしているんだから」と感心していたそうですが、本当にありがたいことです。
町会関係者、民生委員、地元で名士と呼ばれる方々がボランティアやお客様さんで参加してくださるゆめ工房まつり・・・。
これも20年間、地域の方々に支えられながら歩んできたゆめ工房の特色なのかもしれません。
 ライブペインティングで初めて参加してくださったパンジャさんが、
「こんな賑やかなまつりは初めて」と話していましたが、これこそが「地元のパワー」だと感謝しています。



posted by machidayumekoubou at 20:02| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする