2013年04月23日

ぱおバースデイ4

 日曜日に「子どもセンターぱお」に出店してきました。
朝からあいにくの雨でどうなるかと気をもみまましたが、
1時のスタート時には晴れ間も見えて、ほっとしました。
駐車場のスペースで行われた模擬店は、フランクフルト100円、
ヒモ飴10円、飲み物50円など、軒並み子ども価格でした。
ゆめ工房もこの日のイベントに合わせて100円のクッキーを用意しましたが、
「わぁ〜、高い!」などの声があり、なかなか苦戦しました。
そんな中、「今日はPRの日」と作戦を切り替え、試食のクッキーとパウンドケーキを
会場内で配りました。
斬り込み隊長はユミさん。
つま楊枝に刺したケーキを手に、会場内をすいすいと動き回ります。
「どうぞ!!」「どうぞ!!」と来場者の背後から、真横から、両手がふさがっていても、
たこ焼きを焼いていても、お客さんにお釣りを渡していても、何のその。
お客さんだけでなく、出店者にもグイグイとケーキをすすめていきます。
慌ててユミさんの後ろについていき、「こんにちは、ゆめ工房です。試食をお配りしていま〜す」
と声をかけていきました。
ユミさんのパワーにすっかり圧倒されたかのようなヨー君。
会場に現れた細身のドラえもんと共に写真に納まるユミさんは、すっかり会場の有名人です。
ユミさんの試食バラマキ効果で、気軽にお客さんがテントに立ち寄ってくれるようになりました。
「持ち帰り袋お渡し担当」の幸雄さんの手にも力がこもります。
町会テントでたこ焼きを焼いていた方々も、わざわざ買いにきてくださいました。
ありがたいことです。
結果的には100円クッキーと、梅のリキュールケーキが完売し予想以上の売れ行きでした。
 これまで試食を直接すすめるのは職員が行っていましたが、ユミさんにとっても今回の経験は
良い刺激になったようです。
本人も次第に気分が上がってきたようで、
テントの前で好きな職員の名前を叫びながら踊っておりました。
天気も回復し、普段とは違う、のんびりとしたアットホームな出店となりました。


posted by machidayumekoubou at 06:49| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする