2017年05月10日

笑顔から深まる関係

 「笑顔」があふれる場所。
毎日施設のどこかで、利用者さんと職員の笑い声が聞こえてくる・・・。
これはゆめ工房が歩んできた想いが重なり形となった証であり、
“ゆめ工房らしさ”になると思います。
単調な生活では「笑顔」が自然とは出てきません。
それは、朝の挨拶「おはようございます」から
仕事後の「お疲れ様でした」、「ありがとうございます」
「すみません」など簡単なことではありますが、相手を思いやる気持ちがあり、
言葉を交わすことで信頼関係が深まると私は考えます。
私はまだまだ利用者さんとの一つ一つ細かな糸を紡ぎながら、
関係を作っている真っ最中です。
日々利用者さんの環境の一つに溶け込めるよう、ゆめ工房の「笑顔」を
大切にしていきたいと思います。

A good heartly laugh would help more than ten Valerian pills.
薬を10錠飲むよりも、心から笑う方が良い。   (アンネの日記)


ただニッコリと微笑むことがどれだけ多くの素晴らしいことにつながっていくのか
微笑みの持つ、とてつもなく大きな力の全てを私たちは決して知ることはないだろう。
                        (マザー・テレサ)
                               職員MY
posted by machidayumekoubou at 14:35| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする