2017年08月05日

ステキな時間

 夏は見学者が増える時期です。
近年は中学生も将来を見据えて、保護者の方と一緒に
施設を見学されています。
また、社会福祉協議会さんを通してのボランティアも
この時期に受け入れています。
先週は市内の高校に通う生徒さんが2日間のボランティアに
来てくださいました。
ゆめ工房をボランティア先に選んだ理由を聞いてみました。
以前、町田市役所でゆめ工房が販売していたのを見かけ、
クッキーを購入してくださったことがあるそうです。
もともと福祉の世界に興味があり、以前は高齢者施設にも
ボランティア体験に行ったことがあるそうで、今夏はゆめ工房を
選んだとのことでした。
初日は緊張もあったようですが、2日目の昼食時にはすっかり打ち解け、
笑顔を交えながら家のこと、文化祭のことなどを話してくれました。
掃除終了後のお茶の時間にみんなの前でのご挨拶をお願いしました。
何かをするつもりでボランティアにきたけれど、むしろ皆さんに色々と
声をかけてもらって嬉しかったというようなことを少しはにかみながらも
元気に話してくれました。
朝よりも声に張りがあり、表情も生き生きとしてます。

わずか2日間でも、こんなに人は変われるのですね。

最後に彼女が言った一言が印象的でした。
「ステキな時間をありがとうございました」。
こちらこそ、すてきなボランティアさんに感謝しています。

今月の市役所販売で本当に再会できることを、
楽しみにしています。






posted by machidayumekoubou at 10:06| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。