2017年08月10日

販売の楽しさを通して

 ゆめ工房は毎月、町田市役所や多摩丘陵病院、各イベントごとの販売があります。
職員と利用者数名で設営と販売をします。
ある利用者は小さな黒板に本日の目玉商品の紹介をイラストと一緒に描いて
「頑張って完売させたい」と意気込んでいたり、
ある利用者は「こんにちは〜」と前を通る方々に挨拶を欠かさず、
「ありがとうございます」と商品の袋を添えて渡している姿は、
職員も負けてられないな!と感じさせます。
販売はゆめ工房の商品を場所ごとで宣伝し、ゆめ工房を知ってもらう、
大きなきっかけです。
また、販売を通して自分が作った商品が売れて、
「食べてもらったり、使ってもらえる。」その喜びや仕事へのやりがいを持つ
きっかけとなればとの想いを込めて、販売の日は気合が入ります。
以前販売に行った際、ほとんどの商品が完売したとき、
「嬉しい!信じられない!」と笑顔・・・というよりは、
驚きの顔をしていた利用者の姿が忘れられません。
改めて、もっと販売の楽しさ・達成感を感じとって欲しいと思いました。
                             職員MY
posted by machidayumekoubou at 09:54| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする