2018年04月03日

桜吹雪

 昨日、入所式を行いました。
2018年度、新しくヨータさんがゆめ工房の
仲間になりました。
昨日は式を終えた後、3グループに分かれてお花見に行きました。
お花見を終えて武蔵丘団地までトキオさんを送った際のこと。
不意に風が吹いて、桜の花びらが一斉に風に舞いました。
渦を巻きながら舞う花びらの中をトキオさんと一緒に歩きました。
向こうからトキオさんのお母さんがお迎えにやってきました。
暖かい春の陽気に、自然と顔がほころびます。
思えばちょうど一年前、トキオさんがゆめ工房に入所しました。
一年前の入所式は桜がまだ咲いておらず、花見も形ばかりだったのですが、
今年はよい花見になりました。
入所式では緊張が見られたヨータさんも、長池公園に向かう車中では
とても心地よい笑顔が見られました。
花にもいろいろありますが、開花に心が躍ったり、
散る姿に生き方を重ねたりするのは、桜特有の楽しみ方なのかもしれません。
送迎車を待っていたタカシさんのお母さんの一言が胸に迫ります。
「今年の桜をみることができてよかった」。
「桜時計」という言葉を聞いた覚えがあります。
あと何年、こうして今のメンバーと一緒に桜の開花を楽しめるでしょうか。
タカシさんをかばうように寄り添うお母さんの姿に、
少し切ない気持ちになりました。




posted by machidayumekoubou at 21:31| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする