2018年09月22日

八木重吉さん

 八木重吉さんは、大戸(町田市相原町)生まれの詩人です。
今回、縁あって八木さんの詩をゆめ工房の商品に使わせていただけることになりました。
さっそく、焼き菓子のギフト名を詩のタイトルに変更中です。
堺市民センターの図書館で八木さんの関連書籍を何冊も借りてきて、
職員からタイトルを募りました。
心に響く作品は何遍もありましたが、今回はタイトルが漢字一文字のもので統一しました。
ギフト中に詩のカードを入れる予定です。
詩には利用者さんの絵を添えます。
また、「相原ふれあいフェスティバル」での販売用に、スライスケーキの詰め合わせを
企画中です。
こちらは「素朴な琴」という商品名でミニギフトを準備しています。
八木さんの詩はどれも平易でシンプル、かつ短いです。
ほんの数行の作品の中に読み手によって様々な意味をなす深い世界が広がっています。
そんな八木さんの作品の魅力を、ゆめ工房の焼き菓子と共にお届けできたら幸いです。

では、八木さんをまだ知らない人のために・・・。

「ねがい」    八木重吉
 
人と人とのあいだを 
美しくみよう
わたしと人とのあいだを
うつくしくみよう
つかれてはならない

posted by machidayumekoubou at 00:43| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする