2018年04月03日

 今日は新年度に入って初めての作業です。
新しく仲間になったヨータさん。
昼休みに突然やってきてこう言いました。
「虹、歌う」。
そこでようやく思い出しました。
ヨータさんが高校3年生だった頃、ゆめ工房に
実習に来ていた時のことです。
昼休みになると、みんなで「にじ」の歌に合わせて
手話のふりつけを練習していました。
ヨータさんも毎回、練習に参加をして
みんなと一緒に踊っていました。
また、1曲終えるとすぐさま「もう一回」と
リクエストをしていました。
よほどこの歌が気に入っていたのでしょうね。
何度も「虹、歌う」を繰り返します。
そこで玄関のスペースに移動し、ヨータさんと一緒に
「にじ」の曲を流しました。
10月に相原中央公園で開催された、
「相原ふれあいフェスティバル」のステージで披露した曲です。
あのステージにヨータさんは飛び入り参加をし、
ゆめ工房のみんなと一緒に「にじ」を歌ってくれました。
あの時の光景がよみがえります。
今日はヨータさんとユキヒロさんと3人で曲に合わせて
踊りました。
力強く腕を動かし、その場で足踏みするヨータさん。
全身で喜びを表現しています。
幼稚園や保育園の「卒園ソング」として広く知られるようになった
この曲は、「復興ソング」としても幅色い世代から支持をされ、
様々な場所で歌われるようになりました。
シンプルで覚えやすいメロディと歌詞がヨータさんの心も
つかんだのでしょう。
なんとも嬉しそうな笑みを浮かべるヨータさん。
初日、お疲れ様でした。


posted by machidayumekoubou at 21:53| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜吹雪

 昨日、入所式を行いました。
2018年度、新しくヨータさんがゆめ工房の
仲間になりました。
昨日は式を終えた後、3グループに分かれてお花見に行きました。
お花見を終えて武蔵丘団地までトキオさんを送った際のこと。
不意に風が吹いて、桜の花びらが一斉に風に舞いました。
渦を巻きながら舞う花びらの中をトキオさんと一緒に歩きました。
向こうからトキオさんのお母さんがお迎えにやってきました。
暖かい春の陽気に、自然と顔がほころびます。
思えばちょうど一年前、トキオさんがゆめ工房に入所しました。
一年前の入所式は桜がまだ咲いておらず、花見も形ばかりだったのですが、
今年はよい花見になりました。
入所式では緊張が見られたヨータさんも、長池公園に向かう車中では
とても心地よい笑顔が見られました。
花にもいろいろありますが、開花に心が躍ったり、
散る姿に生き方を重ねたりするのは、桜特有の楽しみ方なのかもしれません。
送迎車を待っていたタカシさんのお母さんの一言が胸に迫ります。
「今年の桜をみることができてよかった」。
「桜時計」という言葉を聞いた覚えがあります。
あと何年、こうして今のメンバーと一緒に桜の開花を楽しめるでしょうか。
タカシさんをかばうように寄り添うお母さんの姿に、
少し切ない気持ちになりました。




posted by machidayumekoubou at 21:31| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

笑顔の写真

 ゆめ工房まつりに展示するにあたり、普段から趣味で写真を撮っている
ボランティアのYさんにお願いをし、利用者さんの笑顔を撮ってもらいました。
どの写真もとてもいい笑顔です。
ゆめ工房まつり終了後、展示ブースを移すため、写真をパネルに展示し直しました。
そのため、、じっくりと写真を見ることができたのですが、
笑顔を引き出すことは難しいことだと思いました。
日中一緒に作業をしていても、引き出すことのできない笑顔もあれば、
常に笑顔の方もいます。常に笑顔の人は、どの笑顔が本当の笑顔なのでしょうか?
今回、ゆめ工房まつりでの展示にあたり、頂いた写真のデータの中から
その人らしい笑顔を選ぶのも一苦労でした。
どの笑顔も表情が異なって見えたからです。
一枚一枚表情の異なる写真。接していると気づかない表情もありました。
また、表情ひとつで写真から受けるイメージも異なります。
その人らしい笑顔、表情・・・写真に収める側も大変だったと思います。
そして、今回のことから私たちも自分の見えていない表情で、利用者さんに与えている
印象があることに気づきました。
見えていない表情や作った笑顔、きっと周囲に敏感な利用者さんだからこそ、
何か感じ取っているのかもしれません。
だからこそ、心からの笑顔を意識して利用者さんに安心を届けられたらと思います。
                                 職員J
posted by machidayumekoubou at 10:54| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一大イベント

 先日、ゆめ工房にとっての一大イベントを無事終えることができました。
これも皆さまのおかげです。私にとって3回目のゆめ工房まつりでしたが、
ようやく全体をみることができました。
その中で、一番見えたことというのが、人とのつながりでした。
利用者さんのつながりで来られた方、ゆめ工房と関わりがあった方、
保護者さんとの関わりで来られた方、ボランティアさんのご友人、
実習に来られた方、地域でお世話になっている方がなど・・・。
ゆめ工房を中心にたくさん枝分かれして結びつく関係性にとても驚きました。
そして、ゆめ工房はとてもたくさんの人に愛された施設であることを
再確認することができました。
まさしくゆめ工房のロゴマークの木のごとく、ゆめ工房という幹から伸びた
枝にたくさんの人の想いや希望が実っている施設が、東京の端にあるということ、
どのように皆さんにお伝えしていけばよいかわかりませんが、
今回このゆめ工房まつりで感じたことでした。       職員J
posted by machidayumekoubou at 10:43| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

観梅&焼芋の宴に行ってきました。

 今朝、町田街道を走っていたら、地域でお世話になっているTさんを
見かけました。今日観梅会の準備で看板を設置しているところでした。
まだ開催時間まで2時間以上あります。こんな朝から準備をなさっているのですね。
頭が下がりました。
今日の観梅会の主催は、坂下町会のHさんです。
毎年、「梅のリキュールケーキ」に使用している梅を無償で提供してくださっている方です。
宴会場はいつも梅を採らせていただいている梅林の道路を挟んで向かいにある梅林です。
昨日よりも気温が上がり、心地よい陽気の中、大勢の地域の方々が集まっていました。
今朝お会いしたTさんの姿もありました。
昨日、ゆめ工房まつりのミニステージに出演してくださったSさんや、ボランティアで一日
お手伝いをしてくださったMさん、まつりに駆けつけてくださった市議の小関さんの姿もありました。
開宴のあいさつに立ったHさんの話では、梅の木が街道沿いの梅林も合わせると、200本あるそうです。
今年も1週間ほど前からはらった枝を拾い集めて会場準備をなさっていたそうです。
また、焼き芋を80本用意したり、鳥串を焼いたりと、様々な準備のご苦労があったようです。
そんな話を聞きながら、ゆめ工房まつりも同じように準備が大変だったことを思い返していました。
ゆめ工房まつりも、当日を迎えるために10か月ほどの期間をかけます。ゆめ工房まつりのために
地域の方々も力を貸してくださっています。毎年美味しいお赤飯を作ってくださるIさんご夫妻は、
前の晩からの準備だけでなく、お赤飯に入れる豆(ささげ)の栽培から手をかけてくださっています。
また、今年早々に完売したワッフルは「相原ブルーベリー農園」のKさんからの発案です。
ワッフルに添えたブルーベリーソースは、こちらの農園のベリーを使用しました。
その他にも、利用者さんの写真の展示を行ったのですが、こちらの撮影者はボランティアのYさんです。
Yさんから「ゆめ工房の利用者の肖像画を撮りたいんだ」と言われ、もともとあった企画の写真撮影を
Yさんにお願いしました。Yさんは写真だけでなく、「ゆめ工房の笑顔」というタイトルでスライドショーも作ってきてくださいました。
また、今回は「感謝の気持ちを伝える」ということを前面に出したまつりでしたが、こちらも理事長が
「感謝の気持ちを具体化させよう」と呼びかけ、賛助会員の方々や、日頃のボランティアさん、ご近所の
方々に「感謝券」をお配りする形になりました。
 こうしてふりかえってみると、本当に多くの方々の想いやご協力で開催されたまつりだったと思います。
風に舞う梅の花びらを眺めながら、感謝の念が再び湧いてきた宴でした。





posted by machidayumekoubou at 15:39| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

ゆめ工房まつり、無事終了しました!

 第26回ゆめ工房まつりが無事終わりました。
昨夜の雨が上がり、朝から雲一つない青空が広がっていました。
気温は冬に戻ったような最高気温12度という肌寒い一日でしたが、
日が差すと春を思わせる暖かさもあり、穏やかなまつり日和となりました。
総勢30名以上のボランティアさんが朝から集まってくださり、
模擬店や物産展の販売などを手伝ってくださいました。
ゆめ工房の利用者さんやそのご家族、理事・評議員の皆さんも合わせると、
200名規模のイベントになりました。
 今年も懐かしい再会となった方々が何人もいました。
元利用者さんのご家族や元ボランティアの皆さんもお越しくださいました。
中には、「80歳になりました」「87歳になりました」という方もいて、
その元気なお姿に驚かされました。
 改めて今日のまつりを支えてくださった皆さんのお顔を思い返すと、
60代、70代の方々が多いことに気づきます。
子育てがひと段落したのちに、こんな風に地域のためにひと肌脱ごうと思う方々が、
相原には多いということなのでしょう。ありがたいことです。
売上もおかげさまで20万円を超えました。このご時世に本当にありがたいです。
利益は利用者さんのお給料に還元します。本当にありがとうございました。




posted by machidayumekoubou at 21:56| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

会いに行きました!

 3月10日の土曜日に法政大学で行われた第3回「愛に来て!竹カフェ」というイベントに
行ってきました。相原地区協議会と法政大学の連携事業ということで、
地域の町会長さんや協議会のメンバーさんなど、よく知るお顔がちらほらありました。
このイベントは「相原地区の個人や団体が協働するきかっけとなる場づくり」を
主な目的としているそうです。今回は、プログラムの後半に学生と地域の方々による
ワークショップが行われ相原の魅力を様々な視点から再発見しようというものでした。
70代、80代の方の参加が多く、学生さんと地域の方が混合グループになって
テーマに沿って意見を出し合いました。
今回のテーマは「ワークショップDEときめき相原〜デートコースを考えてみよう」
というものでした。「学生」というのがポイントで、相原でデートするならどこに行く?
何を食べる?何して遊ぶ?インスタ映えするスポットは?など、ふだん考えない視点で
相原を眺めることになりました。
4チームがそれぞれ発表をしましたが、意外にデートスポットがかぶってしまい、
苦戦の跡が垣間見えました。
ちなみに私の参加したチームでは、こんな感じになりました。

相原駅スタート

「パンの木」でパンを購入。

相原ブルーベリー農園でブルーベリー狩り

相原中央公園でピクニック。(シャボン玉やバトミントンで遊ぶ。ランチはパンとブルーベリー)

円林寺で大賀ハスを鑑賞

早めの夕食「武蔵堂」でラーメンを食す。

蛍狩り「ゆくのき学園」付近と「長福寺」のハシゴ。

相原駅解散

今回学生さんたちの話していて新たにわかったことは
「インスタ映えするスポットがあるかないか」という視点です。
新鮮な視点ですね。
また、このワークショップの最後にもう一つ、主催者の学生さんから
質問がありました。
「どんなデートスポットがあるといいですか?」

その答えとしてあがっていたのは、
「足湯カフェ」「ブックカフェ」「ペット連れで入れる飲食店」でした。
そしてデートスポットとは違いましたが、切実な声として、
「スーパーがほしい」という意見も。
久しぶりに学生さんと話ができて、とても刺激的な時間を過ごすことができました。
それにしても、あんなに若いうちから、意識高く地域と関わろうとする姿勢に
頭が下がりました。しかも楽しんで関わっているところが感心します。
学生さんたちからパワーと知恵をいただきました。
ありがとうございました。






posted by machidayumekoubou at 23:20| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

宣伝方法変えました。

 今回のゆめ工房まつりのチラシやポスターをご覧になりましたか?
「〇〇まつり」というネーミング自体、昭和っぽいという平成生まれの職員の声を
参考に、ポスターやチラシからまつりの文字の存在を限りなく薄くしました。
ポスターもチラシも同一の写真にしたのですが、こちらは作業をする利用者さんの
手元を接写したものを4枚並べたレイアウトになっています。画面の中央には
「日々の、感謝をこめて」の文字を配し、一見何のイベントの告知かわからない作りです。
ポスターは主に相原の各所(お店の店頭や町会の掲示板)に貼ってもらい
チラシ(フライヤー)は相原だけでなく隣接する八王子のみなみ野駅周辺のお店にも
置かせてもらいました。
例年行っていた約2千枚のチラシのポスティングは今年やめました。
その代わり、チラシを置いてもらうお店を増やしました。

さて、毎年お越しになる地域の皆さんは今年も来てくださるでしょうか。
少しドキドキしながら、土曜日を待っています。


posted by machidayumekoubou at 22:15| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嬉しい気持ち

 今朝出勤すると、駐車場でボランティアのkさんにお会いしました。
手には植木鉢を持っています。車を降りてkさんに駆け寄ると、
玄関脇に色とりどりの植木鉢に入った草花が飾られていました。
なんでも、ご自宅の庭から運んだものだそうで、
「ゆめ工房まつりが近いから、お客様をお出迎えするためにね」とのこと。
今朝は霜が降りるほどの寒さで、花が心配ででカバーをかけてくれていたそうです。
今週の土曜日に迫ったゆめ工房まつりのために、ここまで心を寄せてくださるkさんに
なんともいえない気持ちがこみあがりました。
kさんと共に畑の手入れをしてくださっているBさんによると、
これまでもkさんはゆめ工房の駐車場や玄関先を掃き清めてくださったり、
なにかと気にかけてくださっていたそうです。
私たちの知らないところで、黙々と手を動かし、周囲のお掃除をしてくださっていたkさん。
本当に頭が下がります。こんなボランティアさんたちに支えられ、
ゆめ工房まつりは土曜日、開催されます。
天気もなんとか曇りでいけそうです。
今週はスギ花粉のピークとの声も聞いています。
ゆめ工房では豪快なくしゃみが館内に響いていました。
花粉に負けず、しっかりまつりの準備に励みたいと思います。
posted by machidayumekoubou at 21:00| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

個別支援計画の見直し

 この時期は来年度に向けて個別支援計画の評価・見直しをする時期です。
この時期になると、私はどうも気持ちが落ち着きません。
計画の立て方は事業所によって異なりますが、支援を言葉にして計画にしてしまうことに
違和感を覚えてしまいます。ましてや、長期計画(目安1年)や短期計画(目安2〜3か月)
といってそのつど評価をしていかなければいけないのです。
評価すること自体、私たちがやることではないだろうと私は思ってしまうのですが、
職員という立場上、行わなければいけない仕事のひとつです。
 人を評価するのは気が進みません。私たちも同僚を評価しないですよね。
利用者と職員という立場ではありますが、同じ場所に出勤して、製品を作っていることに
変わりはないので気が進まないのです。
一緒に仕事をしていると、支援が必要なところが見えてくるのですが、
それを言葉にしてしまうのも、その人の弱みを書き起こしているような気持ちになってしまいます。
彼らのできること、強みに焦点を当てても、果たしてそれは本人の望むことなのか、
望んでいることは他にあるのだろうかと、思考が迷宮入りしていくわけです。
ですので、この見直し時期はとても気が重くなります。
 利用者さんの気持ちを少しでもわかれば・・・と考えることもあります。
わかったところで、何もできませんが、少しは本人の気持ちや要望に沿えるのではないかと思います。
一緒に仕事を行う上で、お互いに気持ちよく行いたいものです。
そして、よい方向に進んでいくことができるのが理想です。うまく考えもまとまりませんが、
現場に出ているといろいろ考えてしまいます。そしていつも思考が迷宮入りし、そんなことで
職員をしていてもいいのか・・・と自問自答してしまいます。
多くの考えがある中で、悩むのですが、答えが出ませんね。          職員J
posted by machidayumekoubou at 09:29| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

利用者さん紹介 其の3

 今回は冗談が好きなOさんです。
数年前に製菓作業で帽子の代わりに洗濯ネットをかぶり、さっそうと登場したあのOさんです(笑)。
抱腹絶倒を完全に狙ってやっていました。
 あれから数年、Oさんの口癖は「〇〇で販売したいね〜」。
誰がいかなる理由で休んでも「〇〇さん、ズル休みだね〜」と毎回笑顔です。
寄り道や回り道が好きで、ごくまれにですが、時間通りに出勤してこないことがあります。
なかなか携帯電話に出てくれないOさん。しかし、その日は初めて電話に出てくれたのです。
私  「もしもし、〇さんですか?」
Oさん「・・・〇くんですか」
私  「いまどこですか?」
Oさん「・・・どこですか」
と、いつもの調子に笑ってしまいそうになりながらも、
電話に出ることができたという成長を感じた一場面でした。
長期スパンで一緒にがんばっていきましょうね。
                                  職員K

posted by machidayumekoubou at 17:01| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

週に一日の優しい存在

 ゆめ工房では週に一度、看護師さんが出勤します。
皆さんの健康チェックを行ってもらっています。
体重・血圧の管理や健康相談、衛生管理と私たちの知らないことを
たくさんみてくださいます。
そして皆にとっては、きっと優しいホッとする存在なのでしょう。
声をかけられずとも、計測をしてもらうために列ができています。
たまに横はいりや順番を守らないことも・・・。
 色々ありますが、週に一日、職員以外のスタッフが来ることは
皆にとって違う刺激になっています。
毎日顔を合わせる職員と異なるため、話している表情も異なりますね。
ゆめ工房の看護師さんの存在はきっと安心できる優しい存在なのでしょう・・・。
                          職員J
posted by machidayumekoubou at 09:16| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆめ工房の理念

 ゆめ工房ではどんなときでも挨拶をしっかりすることを
利用者さんに伝えています。
ゆめ工房に出勤したら「おはようございます」。
納品などに出かけるときには「〜に行ってきます」など、
意識して皆に伝えているので、ゆめ工房の方たちは挨拶が
定着してきているように感じます。
もし、ゆめ工房に来所することがあったら、
皆の挨拶にも注目してみてください。
ゆめ工房では挨拶がよい習慣になっていることを感じられると思います。
                         職員Y
posted by machidayumekoubou at 09:07| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

午後の仕事に向けて

 昼食・昼休み後、仕事に入る前にラジオ体操を行います。
体操をしていて思うのは、みんなのジャンプ力がすごいということです。
膝を曲げることや脇を伸ばすことはノロノロ〜としていたかと思うと、
ジャンプの時は勢いよく天井に届くんじゃないか・・・と思ってしまうほどです。
(で、またノロノロ〜笑)。
ごはん後の仕事は眠気との勝負です。とくに座って作業することが多いと・・・。
午後はココクリコクリとしてしまうことも、あると思います。
このラジオ体操によって身体を起こし!午後の仕事もがんばっていきましょうと
お互いに意識できる時間だと思います。           職員MY
posted by machidayumekoubou at 09:02| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎年恒例の・・・

 寒さ極まるこの季節、皆さん体調を崩されていないでしょうか。
ご自愛ください。
さて、今年も待ちに待った雪かきというイベントが否応なしにやってきました!(笑)
こんな日には、安全第一で送迎車を出しません。
なので、自力で通勤できる利用者さんのみの出勤となります。
 今回は4名の利用者さんが雪の中、出勤してきました。
ゆめ工房の雪かきはというと・・・、
雪もなにものっていないスコップを運んでいる人、
周りの人を確認せず、人に雪をかけてしまっている人、
右から左へ除雪しているところ、左から右へ戻す人(笑)
職員は汗と涙でカラカラです。
毎年辛く不毛は作業ですが、笑いがあり、なんとなく団結する雪かきとなるのでした。
                             職員K
posted by machidayumekoubou at 08:57| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

検便

 ゆめ工房では、製菓部門があり食品を扱うという点から、
その作業に従事する者は「検便」を実施しています。3か月に1度程度の割合で
行っており、これまで検査で陽性反応がでたことはありません。
検査機関に提出する関係で、検査キットを配布してから1週間ほどの期間で
回収することになっています。
ここで、「ああ、なるほどな」と思うことがあります。
わたくしなどは翌日提出してもあまり困ることはないのですが、
人によっては1週間でも大変なようです。
提出ができないと何が不都合かというと、製菓の「仕込み」に入れず、
直接食材に触れることができません。製菓作業は様々な作業工程があるので、
検便未提出は即作業に入れないとはなりませんが、それでも参加できる範囲は狭まります。
今回新たに提出していただいた方が、卵割や、生地の混ぜ合わせに入り作業の幅が広がり、
楽しんで参加できていることが、こちらも嬉しく思います。
                              職員MT
posted by machidayumekoubou at 09:28| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車内での会話

 送迎や納品時の車中は、ゆめ工房での利用者さんとちがう一面が
見られたりします。車に乗り込むと仕事モードに切り替わるかたもいれば、
施設につくと切り替わる方、人それぞれです。
〇さんはよく私のことを「〜さん」と苗字で呼んでくれます。
私も〇さんのことを苗字で呼びますが、遊びの会話の時は下の名前を
呼んでみたりしています。ですが、二人きりになると「〜(名前)さん」と
呼び方が変わる〇さん。私が使い分けているのを知っているのでしょうか?
〇さんとのこのやりとりは、車中やその場から人がいなくならないとありません。
ですが、私はなんとなくこのやりとりが好きです。
 権利擁護では「利用者さんは苗字にさん付けで呼びましょう」と習うのですが、
なんだか堅苦しく感じてしまいます。私は彼らと職員と利用者の関係ではなく、
もう少し同僚に近い関係でいたいと思っています。
この仕事で給料をもらっているので、友達のような関係にはなれませんが、
気の許せる仲間でいたい。そんな想いで仕事をしています。
だからか、福祉の考えと合わないこともあります。
仕事以外で関われたら、きっと「福祉」にとらわれずにすむのでしょうか?
                           職員J
posted by machidayumekoubou at 09:21| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひとりひとり

 ゆめ工房のトイレは個室が多く、順番待ちがなくスムーズに利用できます。
個室に入るとお隣からは楽しそうな独り言が聞こえたり、ある時には歌を歌っていたり、
またある時には大きな声で笑っていたり・・・と個性があふれる空間が
トイレには存在しているなぁと天井を見上げながら感じます。
ひとりひとりの職場で「一人」になれる場所=トイレ。
作業内ではできない、少しリラックスできる場所のひとつになっているのかな?
かくいう私も、トイレに安らぎと一呼吸おける場所として過ごしています。
                              職員MY
posted by machidayumekoubou at 09:12| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多すぎて困惑ですか?

 明けまして、おめでとうございます。
今年も「ゆめ工房」をよろしくお願い申し上げます。
私は新年早々、日本人のおめでたさは底抜けだなと思わされました。
毎年のことですが、年末にはイルミネーションとクリスマス、
大みそかには年越しのカウントダウンが行われ、それと連動して
年が明けると、おめでとうございます。さらには、節分の豆まき、
恵方巻き、バレンタインデーにホワイトデー・・・。
本当に笑ってしまうほどに目白押しなイベント数だと、
皆さんも感じているのではないでしょうか。
 そんな話をある利用者さんとしていると、突飛な会話が!
「節分で恵方巻き 投げるね」
Oさん、投げるのは恵方巻きではなく、豆にしてください(笑)。
イベントが多すぎるのも、考えものですね。
                           職員K
posted by machidayumekoubou at 09:04| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

気持ちのいいスタートを

 ゆめ工房では挨拶を大切にしています。それは職員・利用者さん全員です。
例えば、「おはようございます!」とゆめ工房中に声が聞こえれば、
「今日も〇〇さん元気ですね〜」と笑顔が出ます。
「・・・・おはようございます・・・・」と消えそうな声が聞こえれば、
「〇〇さん体調大丈夫?何かありました?」と、挨拶でその人の体調の具合や
気持ちの部分を瞬時に察知できると日々感じます。
笑顔で挨拶を返すことで、朝から気持ちのいいスタートがきれ、
良い仕事へつながるのではないかと思います。
                                 職員MY
posted by machidayumekoubou at 08:42| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする