2010年08月19日

多摩丘陵病院、8月の販売

 今週の火曜日に、多摩丘陵病院の販売がありました。今回は「チョコスティックケーキ」の試食をたくさん持っていったおかげで、多くの方が立ち寄ってくださり、売上も上々でした。さて、今回、職員の母とサークル仲間だという方に偶然お会いしました。その方が「乾燥こんにゃく」を購入してくださり、初購入かと、「そちらは使い勝手も良くて、非常に美味しものなんですよ」と声をかけたところ、「(あなたの)お母さんからいただいて、よく知っています」と笑顔でかえされました。職員が実家の母に贈った「乾燥こんにゃく」が色々な人の手に渡り、こうして巡りめぐって、この病院でつなぎ合わせてくれたような、不思議な縁を感じました。また、そのお連れ合いが、先日「森工房」を見学に行かれたことも分り、2度ビックリしました。本当に、どこでどう繋がっているのか分りませんね。毎月一回の販売ですが、コツコツ何年も続けていると、色々な方にお会いでき、それも対面販売の醍醐味です。さて、次回はどんな方にお会いできるのか、今から楽しみです。
posted by machidayumekoubou at 13:02| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

「がんばれ福祉作業所」展始まる

 今月から長池公園(八王子市)にて「がんばれ福祉作業所」展が始まります。今年度から形式を変え1回に10施設展示していたものを、5団体づつに分けての展示・販売となりました。会場も奥の第2展示室から第1展示室に変わり、来館者の目に触れやすくなりました。ゆめ工房は7月1日から30日までの1ヶ月間の展示となります。
ぜひ、一度公園にお出かけください。
posted by machidayumekoubou at 13:06| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

多摩丘陵病院販売に行ってきました!

 昨日は毎月1回の恒例、多摩丘陵病院の販売でした。今月のメンバーはH君とA君とK君の男性3人です。K君は7,8年ぶりの担当です。今回やっと、都合がつき、一緒に販売に行くことができました。
K君はこの病院の外来も利用していた経緯があり、院内には顔見知りのスタッフがたくさんいます。販売場所が、スタッフの食堂前にあるため、昼ごろになると、多くのスタッフが目の前を通過していきます。
顔の広さを生かしてK君がスタッフに声をかけると、普段立ち止まらない方も足を向けてくれます。
車イスのK君はインパクトもあるようで、「がんばってね」と声をかけてくださるお客さんも多かったような気がします。さて、気になる売上ですが、前月比30%!!今回はオレンジグループさんのジャムや、1000円のパウンドケーキも真夏日にもかかわらずよく売れました。しかしなんといっても、K君の積極的な呼び込みが、今回の売上につながったように思います。最後に、布ぞうりを購入してくださった男性のお客さんが「僕の趣味はスケッチです」といって、広告の裏にササッと職員の似顔絵を描いてくださいました。じっと正面を向き直立すること数分。気恥ずかしさと照れが混じり、大いに弱りましたが、手渡されたその出来栄えに「き、キレイすぎる・・・」とため息。ほんの一瞬の出来事でしたが、こんな交流があるから、販売はやめられません。どうもありがとうございました。

posted by machidayumekoubou at 09:15| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

2月の多摩丘陵病院販売

 昨日は月に1度の病院販売の日でした。今月の担当はキミ君とヨーさんとクルマさん。みんなずい分前からこの日を楽しみにしていました。というのも、病院内のレストランで昼食をとることができるからです。先月から新たな試みとして始めたのですが、利用者さんには好評です。一応希望制ですが、今のところ全員がレストランを選んでいます。そうなると、これまで販売用の机の隅でお弁当を広げてる行為がいささか居心地が悪くなってきました。患者さんの目線で考えても、「販売業者が陳列商品の脇で弁当やバナナを食べている光景」は、ちょっと違和感だったのかもしれません。職員自身、ひっきりなしに通る病院関係者の前で、おにぎりを口に入れるのは気恥ずかしさも感じていたので、内心ほっとしています。昨日の販売では、利用者さんたち3人を先に食堂に送り込み、お店の方に状況を説明し、職員抜きで食事をしてもらいました。
丁度、自動ドアの脇のテーブルを選び、外の販売場所からも目が届くように工夫しました。結果的には、店の方も彼らに声をかけてくださり、気を配っていただいたおかげで、おいしい食事を堪能したようです。ちなみに、キミ君はカツカレー、ヨーさんは和風スパゲティ、クルマさんは天ぷらそばを注文。天ぷらそばについては、850円と高価格だったので、「残りのお金が40円になっちゃうよ、キツネそばもあるよ」と揺さぶり(?)をかけてみましたが、首を縦に振ることはなく、一番リッチな食事となったクルナさんでした。
その後、頃合を見て職員も食事。廊下の販売が丁度真正面に見える席に座り、金庫を脇に置いてのヒヤヒヤ食事となりました。声は聞こえませんが、彼らの表情は良く見えます。そのうち、どんな時に表情が輝き、大きな声(多分)であいさつをしているのかの、法則が分かってきました。(どうやら、若くてキレイな女性が通ると、イキイキと声をかけているようです・・・。)お客さんが立ち止まるのを確認すると急いで、席を立ち店外へ。お客さんが立ち去るとまたいそいそと店内へ、を何度か繰り返し、ようやく食事を終えました。実際には食べた気はしませんが、レストランの方とも親しくなれ、この試みも良かったのかなと思っています。何より、利用者さんの社会体験の一環として、定着していければと思います。

posted by machidayumekoubou at 13:07| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

がんばれ福祉作業所!!展開催

 毎年恒例の、作品展示即売会が明日12月2日(水)より長池公園自然館で行われます。年々参加団体が増え、今年は10台以上の展示用テーブルが並べられていました。毎年2回のこの展示会、毎回展示テーマに悩みます。施設紹介もマンネリ化してきましたので、全く違う切り口で製品を紹介してみることにしました。
名付けて「つながって、ひろがって・・・」
ゆめ工房の製品は、人との出会いから生まれたものが多く、いわば「商品開発秘話」のようなものをポップにしていきました。ラインナップは「布ぞうり」「巾着袋」「ローリエ」「ブルーベリーケーキ」「東ティモールコーヒー」「ケニア紅茶」「乾燥コンニャク」などです。利用者の帰った工房でポップを作りながら「ものづくり」を続けてきたからこそ人が集い、その輪が広がり、新たな商品作りに結びついてきたのだなぁとしみじみ感じました。

 さて、ここ長池公園自然館での常設販売も丸7年になりました。改めて振り返ってみると、ずい分長いものです。この間、「フュージョン長池公園」さんを通して多くの出会いがありました。ゆめ工房のパソコンの環境整備やホームページ作成のボランティアさんもこちらを通して紹介していただきました。また、現在加盟している「八王子ワークセンター」への加盟を勧めてくださったのも長池に関係している方でした。そして、現在のクッキーラベルのデザインも公園を通して知り合った方が手がけています。
これからも、こちらの販売を通して色々な取り組みができたらと思います。
公園内の紅葉も見頃です。ぜひ、足をお運びください。

期間:12月2日(水)〜12月21日(月)休館日:火曜
時間:9時〜17時(最終日12時まで)
場所:長池公園自然館・第2展示室
主催:フュージョン長池公園

 
   


posted by machidayumekoubou at 15:49| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

10月の小山内裏公園販売

 今日は月に一度の公園販売の日でした。気候が良くなり公園来場者も多く、パウンドケーキが良く売れた1日でした。今日は町田市立小山ヶ丘小学校の特別支援学級の生徒さん達がパークセンターを訪れ、ペットボトルのキャップを山盛り届けておりました。(キャップ400個分で1個のワクチンに交換されるそうです)子供達の背にはパンパンのリュックサックが背負われ、中を開くとキャップの入ったビニール袋がいくつもいくつも現れました。ワクチン36個分ということは、14400個のキャップを集めたことになります。丁度販売している目の前の芝生に積み重ねられた袋の山・・。授業の一環で行ったとのこと、最後に全員で「どんぐり喫茶」を利用して、思い思いに飲み物を注文しておりました。さて、引率の先生の中には、ゆめ工房の利用者マッちゃんをご存知の方もおられ、また一つ世間の狭さを感じました。そしてそのマッちゃんは久々の公園販売ということで、パンの移動販売を何ヶ月も前から心待ちにしておりました。今日やっとその念願が叶い、「チョココロネ」「チーズパン」など買おうと決めていたパンをいくつもゲット!ただし残念なことに「カレーパン」はなく意気消沈・・・。きっと明日から次回の販売担当日まで「今度こそはカレーパン買いますっ!!」と何度も宣言することでしょう。とはいえ、今日は(パンを購入できることが)嬉しくて嬉しくてパークセンター前の芝生の外周を4周も走って自主トレした(?)マッちゃんでした。
posted by machidayumekoubou at 17:29| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

森村学園販売

 12日の土曜日に、森村学園学園祭に販売に行ってまいりました。近々、創立100周年という、伝統ある学校で、毎年声をかけて頂けるようになって、早7,8年経ちます。今年は朝から激しい雨が降り、どうなることかとヒヤヒヤしましたが、途中から晴れ、暑くもなく丁度良い気候での販売となりました。気温のおかげか、製品も良く売れました。特に木工製品が好評で、全体の売上も4万近くになりました。午前中は霧雨交じりの天候にもかかわらず、保護者の方々の参加が多く、活気あふれる構内でした。特にお母様方の華やかなこと!!まず、香りが違います。服装もお洒落で、雨のもかかわらず、ホワイトのパンツや、ヒールの高い靴を颯爽とはきこなしておりました。このような「層」からなのか、クッキーも布製ストラップも、木製ボタンも、そして木のおもちゃも、いつになく立ち止まり手にしてくださる方が多かったです。学園長さんも変わらずお元気で、ベンチに腰掛けお昼を召し上がる気さくさが、あたたかな校風を作り上げているのかもしれませんね。
また来年、この場所で販売できるといいなぁと思いながら、帰路につきました。
posted by machidayumekoubou at 09:30| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

秋の販売

 秋はイベントが目白押しです。
今週の土曜日は森村学園、来週の金融日は片倉高校の販売です。職員だけの販売、利用者も交えての販売と形態は違いますが、どちらも文化祭・学園祭に呼ばれての販売です。他の模擬店に交じって、少しでも多くの方に立ち止まってもらえるように、販売方法を工夫したいと思います。
posted by machidayumekoubou at 09:14| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

大地沢まつりに出店

 今年も大地沢まつりに出店します。明日8月22日の土曜日。天気は晴れのようで、準備万全です。今回も「焼き餃子」をメインに「チョコスティック」や「チーズスティック」などの新製品も販売します。
今日は前日準備に職員2名で参加してきました。
暑い中、地域の団体の方々が会場作りに汗だくになっておりました。いつもいつも60代、70代の方々が中心になってイベントを盛り立てており、頭が下がります。提灯の飾り付けや紅白幕の設置では、ゆめ工房の男性職員が「お兄さん!ここもお願い!お兄さん!こっちも!」と引っ張りだこでした。若くて背が高く、かつ礼儀正しい(身内びいき?)ので、好意的に受け止められたようです。「ゆめ工房の職員ですってアピールしなさい!」と背後からはっぱをかけましたが、最後まで「お兄さん」で通した謙虚な職員Yでした。


posted by machidayumekoubou at 18:56| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

大盛況?で終わった夏祭り

 7月18日(土)に町田の丘学園で開催されたお祭りに参加してきました。
メインは焼き餃子の販売。
当日は溶けるような暑さで服は水をかぶったように汗が噴出し、スタートからバテバテでした。「ツイテル」と言っていいのでしょうか?実はこの日は私の○回目の誕生日でした(泣)。誕生日の日、このとても暑い中、さらに火を使って調理、笑うしかありません(ToT)。そして覚悟は決まりました。「完売させてやる」と意気込み、さらには「こんなに大勢の人に祝ってもらって」と勝手に独りで思い込み、暑さを紛らわせ、ひたすら餃子を焼くこと2時間半無事完売。
出だしから好調で知り合いの方に買っていただいたり、一度買っていただいた方が再度買いに来られるという素敵な光景もありました。
当初の予定では「かなり余ってしまうかな」と思っていましたが、あまりにもの売れ行きに驚きと嬉しさで暑さも吹っ飛ぶ1日となりました。
これからまだまだお祭りの参加予定がありますが、暑さに負けない餃子に対する情熱で焼いていきたいと思いますので、引き続き「ぱくぱく餃子」をよろしくお願いします。
posted by machidayumekoubou at 17:36| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

堺市民センターまつり盛況

 去る7月4,5日の土日に相原駅前にある「堺市民センター」にてお祭りがありました。ゆめ工房も相原にある一施設として毎年参加させていただいています。今年は餃子、焼き菓子、木工と布製品、ペットボトル飲料の他に、初日は「おにぎり」を販売しました。このお祭りは地域の様々なの団体や、センターを定期的に利用しているサークルの発表の場でもあり、毎回多くの来場者でにぎわいます。客足が天気に左右されないこともあり、1年のイベントの中で最も売上の多い販売です。今年は頑張った甲斐あって両日で20万近い売上となりました。「これでみんなの夏のボーナスが期待できるね」と職員もほっとしています。
今回のおにぎり作りにあたっては、多くのボランティアさんのご協力をいただきました。朝早くからゆめ工房に集合し、炊き立てのご飯と格闘しながら(?)結んでくださいました。本当にありがとうございました。(おかげ様ですべて完売しました。)
 また、まつりの内容も従来以上のボリュームでした。近隣大学の学生もボランティアや出店で参加をしていました。2月のゆめ工房まつりでお手伝いをしてくださった法政大学の学生さん達も店に顔を出してくれ、利用者も喜んでいました。
様々なつながりが相原にはあり、相原を結び目としてゆめ工房の活動も成り立っています。これからも魅力ある相原の活性化のため、地域の中で共に活動させていただけたらと思います。

posted by machidayumekoubou at 12:57| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

がんばれ!!福祉作業所

 昨日から暑中見舞いのはがき「かもめーる」が販売になりましたね。昨日、郵便配達に訪れた局員さんが、「よろしかったら、いかがでしょうか?」と勧めておりました。郵政民営化に伴い、配達員さんまで営業活動をしなければならない時代なんでしょか?
 さて、昨日から八王子市の「長池公園自然館」(www.pompoco.or.jp)にて「がんばれ!!福祉作業所
作品展示と即売会」が開催されています。昨日の午前中、職員2名、ボランティアさん1名、利用者7名の大所帯で搬入にいってまいりました。自然館の第2会議室を利用し、約10施設の作品(商品)が展示されます。この福祉展も初回時は単発のイベントになるかと予想していましたが、毎年2回、もう何年も続いています。自然館スタッフの一過性ではない応援の姿勢に、ただただありがたいなあと、感謝の気持ちでいっぱいです。入梅前のこの季節、ぜひ、自然館まで足をお運びください。

期 間 6月1日(月)〜6月29日(月)
時 間 9時〜17時
主 催 フュージョン長池公園
場 所 長池公園自然館 第2展示室
協 力 ぷらさdeかたくり・ふきのとう・ひのき工房
    ・花の家・ポケットクラブ・もぐらはうす・
    多摩草むらの会・サンフレンズ八王子・町田
    ゆめ工房他
内 容 木工製品、陶芸、布製品、炭製品
問合せ 042-678-4616(長池自然館)




posted by machidayumekoubou at 09:01| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

真夏日の販売

 今日は都立小山内裏公園の販売日でした。先月5分咲き位だったパークセンター正面の山桜も、すっかり新緑におおわれ、夏雲のような真っ白なモコモコ雲が青空にくっきりと浮かぶ、暑い1日でした。
本日の予想最高気温は26度。この時点で売上が大方予想できるというものです。暑さを感じる季節が、年々早まっているのでしょうか?衣替えも1ヶ月早くなりそうですね。半そで姿の親子連れが風景に溶け込み、夏のような日差しの中芝生で戯れています。暑くなると苦戦するのが焼き菓子の販売です。試食を勧めても、冬場ほど手が伸びません。風が吹けば心地良いのですが、やはり暑い。施設から持参した500mlのお茶も、それぞれあっという間に飲み干してしまいました。人の出はあっても、なかなか売上に結びつかないつらい季節、商品構成の見直しが早急に必要です。買い手が少ない中、立ち寄った方とのおしゃべりに花が咲きます。相原のゆめ工房のご近所にお住まいの方、御年80歳!!になられるとか、公園には散策で訪れたとのこと、丁度今月の販売担当のキヨさんとは顔見知りでした。そして、南大沢学園のバスの運転手さん。この道40年でそろそろリタイアだとか。陽気なオジサンで缶コーヒー片手に話題が尽きません。
売上には直接結びつきませんが、公園販売の醍醐味は人との出会い・ふれあいにあるのかもしれません。売上が少ない中、「先月食べて美味しかったから、今度は違う種類のクッキーが欲しい」と購入してくださった若いお母さん、嬉しい限りです。あるいは今回は試食だけの親子連れ。ですが、その場の販売につながらなくても、次回購入してくださるかもしれない、毎回そんな気持ちで店を開いています。なので、利用者さんには、「いらっしゃいませ」よりも、まず「こんにちは」だよ。公園を訪れた人と目が合ったら、軽く会釈して、まず「こんにちは!」と声をかけようね、と伝えています。些細な順番ですが、山歩きと一緒、それが公園のルールだと思う今日この頃です。ゆめ工房在籍歴最年長のキーさんも身体を揺らして嬉しそう。時折隣に座るヒラ君の顔を覗き込みます。やっぱり外の販売は気持ちがいいですね!みんないい顔をしています。帰りの車中ではさすがに疲れが沸いてきたのか、無口なヒラ君達でしたが・・・。


posted by machidayumekoubou at 17:22| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

公園販売

わーい(嬉しい顔) 今日は都立小山内裏公園の販売日でした。利用者は初参加のK君含め3名。朝9時過ぎに公園に到着。空は薄曇りで日差しがなく、風が吹くとブルブル震えるような寒さです。みんな防寒対策をバッチリ施し、貼るカイロも身につけて販売にのぞみました。ゆめ工房で沸かしたお茶をポットに入れ、何度も何度も「お茶飲む人?」と尋ねては、身体に暖かいお茶を流し込みました。それでも外は冷えるので、「よし、走ろう!!」と芝生の周りをU君とヒデ君を誘い出しマラソン。といっても、1周回っては「はい、いったん休けーい!」となるので、マラソンとはいえないのですが・・・。それでも1周400m程の距離を走ると身体がポカポカしてきます。車椅子のK君も誘うと、腕が非常に疲れる様子。「大変そうだから押してあげるよ!」と後ろから押しながらのマラソンに。「なかなか快適でしょう?」と飛ばしながら尋ねると「いや、寒いです」とK君。たしかに乗っているだけでは風をまともに受けて寒いわけで、あえなく中断。そんな中、Uくんが独特の欽ちゃん走りで追い抜いていきます。足取りが軽いわけではないのに、なんであんなに速いの?というなんとも不思議な走り方です。「今度IさんとYさん(共に男性職員の名前)も走りましょうね。それがいーですよ!」と隣でニコニコしながら走るヒデくん。こうして景気付け(?)ては販売に戻るを繰り返し、お昼を回るとパークセンター内でニューイヤーコンサートが開催。こちらの都立小山内裏コンサートは今回が16回目ということもあり、時間が近づくにつれ、お客さんがパラパラと集まりだしました。音楽の大好きなU君もいつの間にか販売場所を離れ、しっかり客席で歌詞カードを手にしています。今日の演奏はクラリネットとエレクトーン。本当はそろそろ帰りたい時間だけれど、たまには音楽鑑賞もいいかな、と終了まで待つことに。2時になる頃再び会場を覗くと、なんとステージでマイクを握るU君の姿が!!出演者に呼びかけられ、自ら名乗り出て「崖の上のポニョ」を熱唱していたのでした。もちろんクラリネットとエレクトーンの伴奏に合わせて。客席から拍手喝さいを受け、大満足のU君。帰り際には事務所の職員さんだけでなく、会場のお客さんにまで「さよーならっ!ありがとーございましたっ!」とあいさつをして、「いいーわねぇ」とボランティアさんに微笑を送られていました。寒い1日でしたが、懐かしい出会いもあり、売上もそこそこあり、充実した販売でした。来月の販売では春の息吹を感じるかもしれません。正面に迫る山桜はまだ冬のたたずまいでしたが、もしかしたら梢では春の準備が進んでいるのかもしれませんね。

posted by machidayumekoubou at 17:00| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

町田荘のオープンフェスタにて餃子を販売しました

 朝から小雨の降る日曜日、町田荘さんに呼んでいただいて餃子を販売しました。初めての販売場所だったため、販売数が読めず焼き餃子200パック・冷凍餃子20パック分を準備しました。当日は朝の9時前に現地到着。施設の玄関前に用意された長テーブル2台分が、今回の販売スペースでした。そして今回はコンビニで肉まんなどを陳列している保温棚(?)を持ち込み、焼いたそばからそのケースに並べていきました。なお、当初は冷凍餃子のみの販売をすすめられたのですが、やはり「お祭りに食べるものがないのは寂しいじゃない!」ということで無理無理実演販売をお願いしました。場所は火を使うので外。玄関脇の好立地。オープン前にはバザー目当ての30名ほどの行列ができていましたが、この方々に臭いをお届けすべく餃子を焼き始めました。しかし、当初購入した餃子を施設内で食べることができるという周知が徹底しておらず、午前中は閑古鳥が鳴いていました・・・。ところが施設職員の方々の様々な努力のおかげで(館内アナウンス・当日近隣公園にビラ配り・入所者さんを店の前まで連れて来るなど)昼を回る頃には次々と注文が。最終的には餃子108パック、冷凍餃子20パックが売れました。もちろん、終盤は何度も館内放送をかけていただき、職員さん入所者さんがたくさん購入してくださったからこその数字です。途中何度も在庫数の確認をしにきて下さったMさん、1日テントに張り付いて餃子の受け渡しや水汲みに走ってくださったKさん、まとめ買いをして、入所者に差し入れしてくださったTさん、どうもありがとうございました。「餃子美味しいーねぇ」と言って3回も購入してくださったAさん、血糖値の方は大丈夫でしたか?嬉しいお言葉をありがとうございました。そして、今回餃子の販売を推薦してくださった町田荘のHさん(この方はゆめ工房の評議員でもあります)お世話になりました。
初めての場所は、勝手も分からず(あーすればよかった、こーすればよかった)ということも多々ありますが、次回もぜひ呼んでくださればいいなぁと思います。
余談ですが、朝の行列の中に、ゆめ工房のバザーの常連さんも2組お見受けしました。あちらも思い出してくださり、「おぉー、こんなところでお会いするとは」といった珍再会(?)でした。もちろん、しっかりと12月13日のゆめ工房バザーも宣伝しておきました。


posted by machidayumekoubou at 16:24| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

荒馬座の公演会場にてクッキー販売

 今月の15日(土)に町田市民ホールで開催される民族歌舞団 荒馬座のコンサートで、ゆめ工房のクッキーを販売していただくことになりました。しかも嬉しいことに主催団体さんが全て買い上げてくださいます!!今週の金曜日が納品日ということで、今日から職員2人体制でクッキーを焼いています。コンサート自体も太鼓あり、踊りあり、お囃子ありとご家族で楽しめる内容となっています。大地に根差した力強いリズムは、観る者に活きる喜びを改めて思い起こさせてくれるでしょう。舞台と客席が一体になって作り上げる荒馬座ならではのコンサートです。ぜひ、会場に足をお運びください。素敵なコンサートの会場でクッキーを販売していただけることを、光栄に思います。

日 時 2008年11月15日(土)15時開演
会 場 町田市民ホール
主 催 ウィズ町田講演会
入場料 一般3000円(当日3500円)
    割引2000円(当日2500円)
問合せ 電話042−794−3252
 

posted by machidayumekoubou at 12:59| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

家政大学祭出店

 今年もお隣の大学「東京家政学院大学」の大学祭に出店します。今年は学生さんが一人、当日お手伝いに入ってくれる予定です。また、今年は市内を中心とした障がい者施設が7ケ所出店するとのことです。ライバルが増え、売上げが気になるところではありますが、かえってインパクトがあって、アピールになるかもしれません。販売商品がバッティングしないように、定番のクッキー・パウンドケーキの他、ギョウザをその場で焼いて販売する予定です。また、毎年恒例のバザー品も陳列します。あとは天気だけが頼りです。秋晴れの二日間になることを、今から天にお祈りしています。

 開催日 2008年11月7,8日
 販売時間 10時〜
 販売場所 模擬店の広場
 
posted by machidayumekoubou at 13:01| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

「ふれあいフェスタ相原」盛況

 この秋晴れは今週の土曜日ごろまで続くようですね。12日の3連休の中日に開催された「ふれあいフェスタ相原」も、晴天の下多くの来場者で賑わいました。昨年を上回る数の人出があったようです。
ゆめ工房は、餃子をメインに、定番のクッキー、パウンドケーキ、布製品などを販売しました。
今回のイベントでは、工房の厨房で焼いた餃子をパック詰めにして、会場まで運びました。フタを開けてみると、焼きソバやイカ焼きなどが250円位で売られています。対するゆめ工房は、餃子5個入りが300円。う〜ん、高いかな・・・。早速、会場を1周して各テントをリサーチ。1杯100円の汁物もあります。200円の焼きソバも発見。これは餃子300円では太刀打ちできないかも、と急きょ値下げを敢行。
開店早々の値下げは、良くも悪くもインパクトがあったようで、「値下げしました〜!!」の呼び込みに、お客さんが寄ってきます。結果的には、約100食の餃子が売れました。今回は利用者さんも、そのご家族も多く参加をし、お祭り気分を十分に満喫しながらの、楽しい販売となりました。「疲れると甘いものが欲しくなるでしょ」と、みたらし団子や、チョコレートを差し入れしてくれた利用者のIさん、ごちそうさまでした。Iさんの強力なプッシュのおかげで、餃子もクッキーもよく売れました。1日お疲れ様でした。
posted by machidayumekoubou at 13:03| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

相原ふれあいフェスティバルに出店

 秋ですね。秋といえば、この詩を思い出します。
町田市出身(旧堺村)の詩人、八木重吉の「素朴な琴」です。
 
この明るさの中へ
ひとつの素朴な琴をおけば
秋の美しさに耐へかね
琴はしづかに鳴りいだすだらう

         (素朴な琴)


 さて、来週の日曜日に秋のイベント「相原ふれあいフェスティバル」が行われます。ゆめ工房も昨年に続き今年も出店します。
模擬店・フリーマーケットの他、舞台の催しもあり、ご家族で楽しめる内容となっています。
秋晴れを今から祈りつつ、出店に向けて準備中のゆめ工房です。


日 時 2008年10月12日(日)
    10時〜16時
場 所 相原中央公園

雨 天 中止




 


posted by machidayumekoubou at 13:14| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

相原駅前イベント盛況

晴れ 9月23日に開催された「相原駅開業100周年 横浜線開通100年」イベントに出店しました。前日までの雨も上がり、当日は快晴。人出も多く、ゆめ工房も売上げが10万を超えました。
さて、初めて野外で餃子を焼き販売しましたが、お昼前に完売し、急きょ追加販売をしたほどでした。
職員3人で挑んだ今回、「飲み物」「餃子」「焼き菓子」「果物詰め放題」の4品目を販売し予想以上のテンテコマイでした。見かねて助っ人をしてくださった評議員のOさんや、途中から自由参加の利用者、マーさんとキヨさんが救世主に思えました。(嬉涙たらーっ(汗)
さて、100年に一度のこのイベント、相原の底力を見たおもいです。
当日は町会の方、ゆめ工房の評議員さんやボランティアさん、職場体験の中学生に利用者の家族など、多くの方が店に立ち寄ってくれました。地域で行うイベントは毎回多くのパワーを地域の方々からいただきます。
来月は「フェスタ相原」。
次回も楽しく販売できますように。
そして最後に「もうかりましたか?」と何度も店を覗いてくださったHさん、今回のイベントへのおさそい、本当にありがとうございました。
「儲かりましたか?」の一言を聞くたびに、「私達は儲けていいんだ」と勇気をいただいています。
お陰様で、今月の利用者給料を払うことができます。
毎月綱渡りの事業です。
秋はイベントの季節。来月も晴れますように。




posted by machidayumekoubou at 09:33| * Event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする