2018年04月13日

本日の読売新聞の朝刊で紹介されました。

 夕方、町田市の職員さんからお電話がありました。
今朝の読売新聞に、法政大学さんとのコラボクッキーの記事が
掲載されていたとのこと。
あいにく読売新聞を購読しておらず、未見ですが、
わざわざ連絡をくださった職員さんに感謝です。

ちょうど、「ゆめ工房だより」の4月号でコラボクッキーのことを
取り上げていたので、後ほど転載します。
posted by machidayumekoubou at 19:01| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

お手伝い

 今朝出勤すると、玄関前に飾られた鉢植えの花々に水滴がついていました。
よく見ると路上には水の跡が何本もできていました。
ご近所のKさんが、水やりにきてくださったようです。
こんな風に、私たちの知らない時間に来訪し、花の手入れをしてくださるKさんです。
いつもいつも、本当にありがたいことです。

 さて、今回は、ボランティアのYさんに寄稿してもらいました。
Yさんは週2回作業ボランティアに入ってくださる同じ町会にお住いの男性です。
今年のゆめ工房まつりでも、利用者さんの写真を撮ってくださいました。

「お手伝い」
 私が障害者の方のお手伝いをすることになったのは数十年前、
ある友人が「Yさん、時間があったらどう?」と誘われたのが始まりでした。
日常生活の中ではほとんど接することのない障害者の方々に、何の知識もない
私に何ができるか不安でした。そして、まだ仕事をしていましたので、
イベントがある時などに声をかけていただき、お手伝いを始めました。
その時、その時、印象に残ることがたくさんありました。
やはり初めて目の不自由な方の誘導のお手伝いをしたことは忘れられません。
寒い、雨の降っている日、地下鉄の駅から細い坂の歩道を講習会場まで送ることでした。
初めてのことで緊張しているのに、その方の左手は白杖、右手は私の袖をしっかりと
つかまえているのです。わずか、15分くらいの道のりの全てを私に任されたのです。
責任の重さに、寒いのに背筋に汗が出てきて、お互いに話をしたのですが、何を話したか
全く覚えていませんでした。無事に会場まで送り届け、ほっとしたのを忘れられません。
帰りに、他の方を駅まで送っていきましたが、その方は「帰りに家の近くの体育館で
少し運動をしていくのですよ」と言いながら、ラッシュの電車に白杖を持って
乗り込んでいきました。私は言葉がでませんでした。
また、車いすの方をまだバリアフリーの整っていない会場で、階段を何度も4人で
持ち上げていくのですが、体力のない私は午後にダウンしてしまい、迷惑をかけた苦い
経験もありました。
 ある障害をもった方と友達になり、顔を合わせれば、いろいろと世間話をしたり、
たまにカラオケに行ったりしていますが、いつも前向きの話に感心したり、
良い友達に恵まれているのがうらやましくなったりします。
 ゆめ工房に週2回ほどお手伝いに行き出してから、だいぶ年数が経ちますが、
この数年、体調を崩し、やめようとしましたが、職員の方々の励ましや、
利用者の方々の笑顔で続けてこられました。
 いつも、利用者の方々と話をしたり、笑ったりしながら作業の手伝いをして、
楽しい時間を過ごさせていただいています。
 私はゆめ工房でわずかない手伝いしかできませんが、職員の方や利用者の方々に
少しでも何かお役に立てればという思いで過ごしています。
posted by machidayumekoubou at 08:21| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

利用者さん紹介 其の4

 今回は、話の終わりは「仕方ないよ」が決め台詞のYさん。
少しネガティブなところはありますが、謙虚で人当たりが非常に
良い方です。温厚で周りを気遣え、優しい言葉がかけられるまれにみる「いい人」。
 そんなめったに怒らないYさんが、他の利用者さんに厳しく言い放つことがありました。
昼休みに煙草を吸っていると、前触れもなく「また煙草が値上がりするんだよっ!」
え?!急な展開!
その瞬間、思わず笑ってしまいました。 
 Yさんにかぎったことではないのですが、つくづく面白いと思わされる皆の感性です。
ちなみに、その後は元のYさんに戻りました。
                                 職員K
posted by machidayumekoubou at 08:08| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆめ工房まつりに思う

 今年も「ゆめ工房まつり」が行われました。
昨年に続き担当ということで、準備を進めてまいりました。
多くの方々のご協力により無事に開催されましたことをこの場を
お借りして厚く御礼申し上げます。
 さて、今回のこぼれ話を一つ。
大勢のボランティアさんにご参加をいただいたのですが、
「まかない」ということで「焼きそば」「ゆめ工房汁(トン汁)」を
召し上がっていただくはずでした。
「ゆめ工房汁」が足りないというハプニングが発生しました。
おかしいな〜。計算したはずなのに。
とまあ、現場では何が起こるかわからない典型のようなできごとでした。
汁物は難しいですね。例年かなり大量に余ってしまうので、
今回は量を抑えた結果がこれです(汗汗)。
 失敗がダメなのではない。失敗から何を学ぶかが大事なのだ。
計算通りにはいかないことを今回は学びました。
                          職員MT
posted by machidayumekoubou at 08:02| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花見

 4月の入所式後に毎年恒例となっている花見に行きました。
今年は桜の開花が早く、東京の桜はほとんど葉桜になっていましたが、
ゆめ工房がある地域は他より気温が低いため、まだ散っていない桜を
見ることができました。花見に行く車内ではIさんから「桜はもう
散ってしまっているんじゃないの?」と不安いっぱいの一言。
「大丈夫、この地域は他より気温が低いからまだ桜散ってないよ」
Kさんから「この地域の寒さは厳しいけど、寒いことでメリットが
あるんだねー」と車内でみんな笑いながらお花見に行くことができました。
来年はどんな花見になるのか楽しみです。       
                            職員Y
posted by machidayumekoubou at 07:55| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする