2018年04月26日

優先というもの

 自分が妊娠し、公共交通機関で席を譲ってもらう側になって初めて気がついたこと・・・・。
マタニティマークをカバンにつけていても、何も変わらないということ。
体調が悪いときや、あまり立っていられないときは車通勤していますが、
本当に席を譲ってもらいたいとき、皆さん見て見ぬふりでした。
また、席を譲ってくださると声をかけてくださった際に、席を立ってすぐにそそくさと座ってしまう高齢者の方。
この社会は自分優先なのか・・・と思ってしまいます。
 優先席は誰が座るのか・・・?空いていたら座ってもいいのか・・・?
車いす専用の駐車場は他の駐車場が混んでいたら使ってもよいのか?
きっとたくさん議論され、さまざまな意見があると思います。席を譲ってほしいとき、その人が座っている人に
声をかければいい、という考え方もあります。そのなかで、両方の立場を経験すると、法律が課せられていない
この社会の中で、唯一何にも縛られない気持ちの部分が重要視される分野になるのだと思います。
気持ちの部分では本当に不明確で正解がないもの。だからこそ、人間性というものが試されるのだと思います。
 この職について、優先席や車いすマークのついた駐車場を利用させてもらうことが多くなりました。
ルールを守らない方や、快く譲ってくれる方、さまざまな方がいらっしゃる世の中。
本当に譲り合いが大切であることに気づかされました。そして、私たちもまた、感謝の気持ちを持たなくてはいけないと
思います。よく、「障がい者様・マタニティ様」という言葉を耳にします。
私たちもまた、譲ってもらって当然ではないと思います。皆さんそれぞれの体調や疲れもあると思いますから、
そこはお互いさまであると思います。利用者さんの中には、優先席に座れて当然という考え方の人もいますが、
そういう方にはしっかりと伝えていかないといけないと思っています。
日本人はマナーをしっかり守るというイメージがあります。ですが、そこまで浸透しているわけではありません。
よいイメージはよいイメージのまま残してほしいなと思います。
                                                     職員J
posted by machidayumekoubou at 08:39| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

明るい空気

 ゆめ工房ではたくさんのボランティアさんの方々が来所していただいています。
ボランティアさんの中には、朝の職員も出勤していない時間に
玄関前のお花を見立ててくださり「ゆめ工房に来る人たちが明るく、
お花を見て笑顔になってくれたら」と気持ちをこめていただき、
私たち職員は利用者さんとお庭のお水をあげながら「きれいだね」と会話をして
楽しく一日のスタートをきることができています。
日中では木工・縫製どちらにもボランティアさんが利用者さんと共に、お話をしながら
明るい空気を入れてくれます。
ピアノや盆踊りなど…本当にたくさんの地域のボランティアさんのおかげで
ゆめ工房は成り立っていると日々感じています。
                                    職員MY
posted by machidayumekoubou at 08:22| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

日々の、感謝をこめて

 昨日、ゆめ工房が加入している町内会の高齢者グループ「寿楽会」さんの総会にいってきました。
同会の会長さんには、ゆめ工房まつりにもお越しいただき、貴重なご意見もいただいていました。
相原の特に同じ町会の方々の来訪が少ない、町会には様々なサークルがあるので、
そこで活動をしている人たちに出演してもらってもいいのではないかなど、町会関係者としての視点で
ゆめ工房まつりを持ちたてようという助言をいただき、非常にありがたかったです。
 さて、ゆめ工房まつりの開催から早1ヶ月。本当に早いですね。ゆめ工房まつりがはるか過去のイベントのような
感じがします。今回、初参加の職員の所感をご紹介します。

 日々の、感謝をこめて
 
 ゆめ工房の一大イベント「ゆめ工房まつり」が先月行われました。
当日までは利用者さんと共にめいっぱい準備に励みました。
当日は、たくさんのお客さまに来所いただき、あっという間の一日でした。
私はギャラリーなどがある玄関先におり、遠方から何年かぶりにお越しいただいた方、
利用者さんや職員へ「久しぶり〜〜〜」と声をかけていただき、笑顔が連鎖して
とてもあたたかい空間でした。目の前の光景を見ながら、小さなことからでも感謝の気持ちを
全ての方々に届けていきたいと感じた、初めてのゆめ工房まつりでした。
                                                 職員MY
posted by machidayumekoubou at 08:29| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

障害者

皆さんのイメージする「障害者」あるいは「障害をおもち」の方々とはなんでしょうか?
例えば「知的」「身体」「精神」といったカテゴライズされた種別は、
イメージしやすいですか?上記の表現も個人でみていくとそれぞれに違うということです。
何が言いたいのか?
「障害者」というくくりで片づけないでください。
同じ障害、障害者などと言う方は一人もいません。
便宜上、障害名が同じということはあるでしょうが・・・。
ご本人の状況あるいは環境がそれぞれ異なるように、「障害者」も異なります。
一人一人に応じた関わりがいかに大事かを考えさせられます。
                              職員MT
posted by machidayumekoubou at 08:15| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

納品

 納品担当が変更になり、私も週1回納品に行くことになりました。
納品に行くメンバーは予定表に記入してあるため、予定表をよく見て
自分が納品に行ける日を楽しみにしているようです。
納品に行く予定だった人が休みの場合にはほかの利用者さんに声が
かけられます。納品予定者が休みだと納品に行く時間が近づくにつれ、
自分が声をかけられるのではないかと、みんなソワソワしているのが
よく伝わってきます。みんな納品が楽しみなのですね。
今後も多くの方が納品に行けるように予定を組んでいきます。
                            職員Y
posted by machidayumekoubou at 08:22| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする