2018年04月14日

コラボクッキー所感

 4月13日付の読売新聞にコラボクッキーが取り上げられました。
知人が記事を送ってくれました。
記事のタイトルを見て、複雑な気持ちになりました。
「熊本・益城町 クッキーで応援」
「大地震 まもなく2年」
「法大生と障害者施設協力」
たしかにわかりやすいタイトルで、その通りなのですが、
なんとなく違和感を覚えました。
既視感・・・というのでしょうか。
記事を読めばこの企画を立案した学生さんたちの想いが
紹介されていますが、タイトルに「障害者施設」とあることで
かえって読み飛ばされてしまわないかと不安を覚えたのです。
「障害者施設」という単語にインパクトがあります。
しかしそのインパクトはどんなイメージなのでしょうか?
 「孤高」「独特」「異質」という近寄りがたいイメージを
個人的にこの紙面から感じてしまったのです。
もっと近寄りやすい表現はないのか、ここ数年、自分たちの発する言葉に
意識を向けるようになりました。
おそらく「津久井やまゆり園 殺傷事件」が契機です。
紙媒体よりもブログやフェイスブックで
自分たちの活動を発信することが増えたことも大きいです。

「障害者施設」にかわる、
もっとソフトで明るい雰囲気を醸し出せる単語はないものか、
言葉を探し続けたいと思います。




posted by machidayumekoubou at 08:58| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コラボクッキーのその後

 先週の水曜日、法政大学のボランティアセンターで
読売新聞の取材を受けました。
法政大学多摩ボランティアセンターの学生さんたちが
熊本震災後に立ち上げた「チームたまモン」の活動に
対する取材です。熊本県の「益城町を応援しなくっ茶!」シリーズ第2弾、
益城町のかぶせ茶を使用したクッキーをゆめ工房が作らせていただいた関係で、
タイアップした「地元の障害者施設」ということで同席しました。
取材対象の学生さん2人は、企画担当者の学生Hさんと、
桜美林大学の学生でクッキーのラベルをデザインしたSさんです。
その場でSさんが熊本県出身であることが分かりました。
Sさんは、まだ親に自分がラベルをデザインしたことを知らせていないけれど、
親孝行になったかもしれないと語っていました。
熊の横顔をモチーフにしたそのデザインは、よく見るとゆめ工房のロゴマークと
それとなくつながったものになっています。黒い家のシルエットが熊の鼻の頭に
なっていて、木を構成している葉と実が熊の輪郭を形作っています。
よくよく見ると、葉の形が微妙に違うのですが、コラボであることを意識して
デザインしてくれたのが分かります。
 4枚入りで100円で販売するとのこと。学生を対象にしているとはいえ、
なんとも良心的すぎる価格設定です。
先週の水曜日から金曜日まで、法政大学多摩キャンパスにあるレストランの
エントランス前で120袋をお披露目販売したところ、完売したとのことでした。
学生さんたちの手間ひまを考えると、もう少し価格を上げても大丈夫なのではないかと
考えてしまったのは親心でしょうか。



posted by machidayumekoubou at 08:27| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年に入り素敵なコラボ企画にゆめ工房が参加することになりました。

 熊本の復興支援に取り組んでいる、法政大学ボランティアセンターさんの学生さんたち。
東京都と熊本県、遠距離であっても熊本の復興支援ができないかと考え、
「おいしく復興支援」と題し、熊本県で創業87年になる「お茶の富澤」さんの
“震災に耐えたお茶”を使用し、第1弾は「加藤ファーム」さんのプリンとコラボ。
そして、第2弾はゆめ工房のクッキーとコラボすることが決まりました!
検討会議では、学生さんたちの熊本支援への気持ちや現在行っている活動をうかがい、
コラボ企画担当となったわたし自身、胸が熱くなる思いでした。お披露目の時期など、
今後のおたよりでお知らせいたします!    職員MY(ゆめ工房だより4月号より転載)
              
こちらのコラボクッキーについては、また次回触れたいと思います。
posted by machidayumekoubou at 07:47| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

本日の読売新聞の朝刊で紹介されました。

 夕方、町田市の職員さんからお電話がありました。
今朝の読売新聞に、法政大学さんとのコラボクッキーの記事が
掲載されていたとのこと。
あいにく読売新聞を購読しておらず、未見ですが、
わざわざ連絡をくださった職員さんに感謝です。

ちょうど、「ゆめ工房だより」の4月号でコラボクッキーのことを
取り上げていたので、後ほど転載します。
posted by machidayumekoubou at 19:01| * Informathion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

お手伝い

 今朝出勤すると、玄関前に飾られた鉢植えの花々に水滴がついていました。
よく見ると路上には水の跡が何本もできていました。
ご近所のKさんが、水やりにきてくださったようです。
こんな風に、私たちの知らない時間に来訪し、花の手入れをしてくださるKさんです。
いつもいつも、本当にありがたいことです。

 さて、今回は、ボランティアのYさんに寄稿してもらいました。
Yさんは週2回作業ボランティアに入ってくださる同じ町会にお住いの男性です。
今年のゆめ工房まつりでも、利用者さんの写真を撮ってくださいました。

「お手伝い」
 私が障害者の方のお手伝いをすることになったのは数十年前、
ある友人が「Yさん、時間があったらどう?」と誘われたのが始まりでした。
日常生活の中ではほとんど接することのない障害者の方々に、何の知識もない
私に何ができるか不安でした。そして、まだ仕事をしていましたので、
イベントがある時などに声をかけていただき、お手伝いを始めました。
その時、その時、印象に残ることがたくさんありました。
やはり初めて目の不自由な方の誘導のお手伝いをしたことは忘れられません。
寒い、雨の降っている日、地下鉄の駅から細い坂の歩道を講習会場まで送ることでした。
初めてのことで緊張しているのに、その方の左手は白杖、右手は私の袖をしっかりと
つかまえているのです。わずか、15分くらいの道のりの全てを私に任されたのです。
責任の重さに、寒いのに背筋に汗が出てきて、お互いに話をしたのですが、何を話したか
全く覚えていませんでした。無事に会場まで送り届け、ほっとしたのを忘れられません。
帰りに、他の方を駅まで送っていきましたが、その方は「帰りに家の近くの体育館で
少し運動をしていくのですよ」と言いながら、ラッシュの電車に白杖を持って
乗り込んでいきました。私は言葉がでませんでした。
また、車いすの方をまだバリアフリーの整っていない会場で、階段を何度も4人で
持ち上げていくのですが、体力のない私は午後にダウンしてしまい、迷惑をかけた苦い
経験もありました。
 ある障害をもった方と友達になり、顔を合わせれば、いろいろと世間話をしたり、
たまにカラオケに行ったりしていますが、いつも前向きの話に感心したり、
良い友達に恵まれているのがうらやましくなったりします。
 ゆめ工房に週2回ほどお手伝いに行き出してから、だいぶ年数が経ちますが、
この数年、体調を崩し、やめようとしましたが、職員の方々の励ましや、
利用者の方々の笑顔で続けてこられました。
 いつも、利用者の方々と話をしたり、笑ったりしながら作業の手伝いをして、
楽しい時間を過ごさせていただいています。
 私はゆめ工房でわずかない手伝いしかできませんが、職員の方や利用者の方々に
少しでも何かお役に立てればという思いで過ごしています。
posted by machidayumekoubou at 08:21| * Episord | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする